一秒の言葉を考える

きばっど育英館   一秒の言葉を考える             H28.5.30

「ことば」は心を届けるために必要なものです。しかし、使い方をまちがうと言いたいことが正確に伝わりません。それどころか、誤解を招きます。話し言葉はその場で訂正することもできますが、メールなどの書き言葉ではなかなかそううまくはいきません。当然、誤解が誤解を生み、大変なことになるのです。ぜひ自分の使う言葉についてもう一度考えてみましょう。

相手に心が伝わっていますか?

古代日本では、大和は言葉のさちはふ(言葉により幸せを招く)国として言霊信仰があったのはご存じのとおりです。言霊信仰とは、言葉には不思議な力があり、不用意に言葉として口に出すと、口にしたとおりに実現してしまうというものです。現代では、イメージトレーニングを積んで試合に臨むと勝利するなどという話も聞きます。言葉とおりに実現するという考え方は、イメージを描くことの重要性と関わっているようです。たんなる迷信とかで片付けられないと思います。逆に悪い方にイメ-ジするとどうなるかも想像がつくと思います。現実になるといけないので、悪いイメ-ジトレ-ニングなんてものは、できるだけ避けたいのですね。

また、「毒を吐く」なんて言葉もありますが、実際、人の悪口や誹謗中傷する言葉を吐いた呼気をためて、抽出した液体は猛毒だそうです。本当に文字通り毒を吐いて00います。呼気は気体ですから、自分自身にその毒が回るわけです。悪口を言う人は自分で寿命を縮めています。怖いですね。この反対をすると体によさそうです。そういう訳で簡単にできる健康法を準備しました。仏教では、人への施しを「お布施」と呼びます。その中で、お金が必要でない「無財の七施」という教えがあります。その中の一つに、「言辞施(ごんじせ) やさしい言葉で接する」があります。相手を思いやるやさしい言葉、「こんにちは」「ありがとう」「おつかれさま」「お世話になります」などで、人とまず接すること、それがお互いの理解を深める第一歩となるという教えです。言葉は人と人との関係を円滑にするコミュニケーションの大事な方法です。私たちは言葉一つで相手を喜ばせたり、励ましたりできるのです。

また、和顔愛語という四字熟語を聞いたことがあると思います。この愛語の部分と言辞施とは同じことです。ぜひ、多くの人が人を思いやる言葉である「愛語」を実行してください。今回のきばっどは一秒の言葉を裏面に掲載します。ぜひ、育英館の生徒たちにも思いやって使う言葉を身につけてほしいと考えます。ところで、仲間だという証拠に言葉が通じるかどうかとよく言われます。仲間だけで通用する話だと一体感は高まります。しかし、その場に言葉が通じない他の人がいるとしたら、疎外されたと感じてしまいます。だれもが仲間であるためには、言葉遣いは大切です。だからこそ、言葉の上で、仲間外れになったと感じさせてはいけません。

「おはよう、さようなら」の出会いや別れの挨拶、「ありがとう」という感謝、「がんばれ」という励まし、「おめでとう」という祝福、これらの言葉に共通するのは相手を受け入れているということです。たった一秒の言葉が人生のいろいろな場面で重要な役割を演じることになります。ぜひ、この時期に身につけさせましょう。

「実利を図るとは」

きばっど育英館   「実利を図る」とは         H28.5.23

鎌倉時代初期の禅僧道元の教えをまとめた「修証義」の中に「利他を先とせば、自らが利省かれぬべしと、而には非ざるなり 利行は一法なり あまねく自他を利するなり」があります。内容は、私たちは他人の利益を優先すれば、自分の利益が減ってしまうと考えるのではないかという話です。

ここで、道元は、「他人のため」とか「自分のため」とかを分けて考えること自体に誤りがあると指摘しています。人々に利益を与える行為はそれを行う本人のためだけではない。どんな仕事でもそれによって助かる人や喜んでくれる人がいる。人の役に立っていると実感できると、自分自身にも喜びが生まれます。日々の自分の仕事をまず人に喜ばれるようにという視点でとらえなおしてみませんか。そうすると、自分の仕事に対する誇りが生まれてきます。「実利を図る」とはそういうことなのかもしれません。このきばっどを書きながら思い出したことがありますので、そちらにふれてみます。

新規採用者研修会で理事長が五右衛門風呂の教えということで、大治少年と祖母との話をされました。その話を簡単に紹介してみます。田舎の風呂といえば、五右衛門風呂です。後藤大治理事長の少年時代の思い出です。五右衛門風呂は窯底を直接まきで温める構造ですから、対流が偏り、温まり方も一定ではありません。祖母といっしょに風呂に入った大治少年は温かいお湯を自分の方にかきよせて、温まろうとします。それを見たおばあさんが次のように少年を諭します。「ほら、自分の方だけ温まろうとかき寄せると、温かいお湯は、全部、ばあちゃんの方にいくことになるのだよ。逆に他人を温めようと湯をかき混ぜると、自分にも必ず温かいお湯がまわってくるんだよ。」のどかな農村の夕暮れ時の一コマですが、大治理事長には忘れられない話だったのです。

話をもとにもどしますが、「実利を図る」のおおもとはこの部分にあるような気がします。自分だけが幸せになるのでなく、行為が多くの人の幸せに通じることが大切なのです。仕事をしたのだから、当然、対価として給料をもらいます。それだけでなく、仕事をしたことで、喜んでもらえるとか、やり遂げた満足感がある部分が実は大切なのだと思います。

建学の精神を学ぶ指導ファイルの中にある「実利を図り」の部分のまとめには、「私たちが追求しようとする『実利』は独りよがりの、利己的な概念でなく、常に人類の幸福追求のために全ての人々から喜ばれるもの、つまり『社会に役立つもの』でなければならない」と書かれています。そして、「人間性を磨く」ことで、他人から信頼されて、実利を発揮できるものなのです。初代理事長の考えの中の生徒像には、「行動が伴う」イメ-ジがあります。学んで知識として知ったからには、行動に移せることが肝要です。まさに知行合一の世界です。

愛校心の証とは

きばっど育英館    愛校心の証とは               H28.5.18

高校説明会に行ってみました。驚いたのは校訓を一部の生徒しか知らないことです。自分の学校への愛情とか、誇りとかどうなのだろうかと思ってしまいました。中学校から、どんな生徒を高校は求めていますかというアンケ-トがきています。躊躇なく、「自分の学校を愛せる生徒」と書きたいと思います。もう一つは「とことんやれる」と書きたいです。自分で選択していく学校であれば、好きであってほしいと思います。

学園歌を大きな声で歌う、建学の精神を唱和できるというのは、育英館を愛している証の一つです。育英館を誇りに思う生徒が多ければ多いほど、学校は自然とすばらしいものになります。大切にしたいと思えば、清掃もするし、生活にもはりが出ます。「校訓を知っていますか」を問いかけた瞬間に、「看板を背負う責任と誇り」を考えさせられました。

説明会の中では、育英館の強みは「少人数、とことん鍛え、磨き伸ばす」と説明しました。悲しいことに所在地がどこにあるのか知らない生徒が90パ-セントです。私が現役のころ、今から30年前、ラサ-ルと同じ学校というイメ-ジが育英館にはありました。最近、楠隼ができた時、育英館が頭に浮かび、遅れているなあと感じました。「英才を育てる」という育英館創立は、かなり先進的な感覚の方が、英断をもって作られた偉業だと感心しておりました。まさか、30年後にそこの校長になるとは驚きで、感激の極みです。

この学校の使命は、創立当初から変わらず、ずばり英才を育てることです。今後の日本の役目を考えた時、英才は必要不可欠です。世界を調整する力で導き、平和で安定したものとする必要があります。それに必要なのは「和」の心です。まさに大きな和で世界をリ-ドしていく人が必要なのです。そのためには、狭い考えにとらわれず、多くの意見や主張を聞きながらも、未来を見据えた決定をできる英才たちが必要なのです。賢いだけではだめ、みんなの幸せを考えるという大志を持ち合わせていることが大切です。未来を指向しながらも現状の最善を選択できる力で必要です。それが育英館が育てようとする英才たちに託された使命のような気がします。

世界の人に日本が一目おかれる存在になるためにも、この調整力を磨く必要があります。そのためには国際感覚をもち、相互の違いや意見を尊重しながら、主張すべきことは言える人でなければなりません。「あったかいんだから」というフレ-ズが流行しましたが、どの意見や主張も理解できるという温かさを忘れてはいけません。

このような大きな愛を育てるためにも、小さな愛を大切に育む必要があります。自分、友人、仲間、学友、先輩、後輩、先生と周りを取り巻く人とふれあう、学校という集団は社会的な愛情を育てる苗床です。だれもが、母校を懐かしく思い出し、心が癒されるのは、感性豊かな学生時代に愛情を育てた場所だったからでしょう。

そうなると「君は自分の学校の校訓を知っているか」と聞かれたら、答られる生徒は愛情を育んだという点からは合格なのかもしれません。