きばっど 育英館 信頼とは  

信頼とは、信頼に値する材料があるからするというものではなく、まず先に信頼してしまうことなのです。信頼されると人はそれにこたえようとするものです。

「先生」と呼ばれたら、生徒から信頼されていると考えてもよいのではないでしょうか。世の中で、「先生」という言葉ほど、精神的な拘束力がある言葉はありません。とりわけ、授業では、先生の話を聞かないといけないとだれもが思うわけです。しかし、暑かったり、眠かったりで集中できない生徒もいます。「なぜ、聞かないのか」と生徒を責める前に、聞けない理由がないかを推量してほしいものです。

そこで、信頼される教師とは?と考えてみると、生徒のできない、しない状況を思い量り、考えてあげられる教師ではないでしょうか。先生と呼ばれたら、それにこたえようとがんばりましょう。暴言や体罰はけっして許されません。人間としてやってはいけないことは、当然、先生がやってもいけません。指導することは、難しいものです。授業が楽しくなければ、知的な興奮がなければ、生徒が聞かないのは当たり前です。分かりたい、知りたいという欲求はあってもそれを満足させられるものが授業にないと、人は学ぼうとしないものです。知的な興奮や欲求を覚える授業を構想し、実践するのが教師です。先生と呼ばれたからには、まず、授業で信頼に応えましょう。

自分の話を聞かせるために、どんな方法をとるのか。昔は、「きびしさ」とりわけ、愛のムチ?本当によい言葉で体罰を美化していました。ミンチン先生をはじめ、昭和の物語に出てくる先生はだれもがかなり厳しい指導でした。昭和30年代に生まれた人々はいやというほど、体に刺激を受けたものです。受けなかった優等生も当然いましたが…。ちょっと油断が多く、冗談好きな私は、刺激を与える絶好の標的だったような気もします。本当にあれでよかったのでしょうか。答えはおのずとわかると思います。21世紀になった今、指導技術も飛躍的に変わりました。指導としての体罰や暴言は過去のものです。それを使う自体は、先生と呼ばれる信頼を捨てることです。

動物的な感情が人の行動を左右するとしたら、それをコントロ-ルできるまで、待つことも大切です。その方法を「アンガ-マネジメント」といいます。自分でかっとなりやすいタイプだと思う方はぜひ、これを身につけてください。怒りの発生のメカニズムを理解して、コントロ-ルすることが大切なのです。なかでも「6秒ル-ル」がよく取り上げられます。怒りは6秒しか持続しません。その間に怒りの理由を客観的に考え、自問自答すると、自然と怒りは収まるといわれています。

生徒募集の夏の陣「体験入学」に向け、全員が一致団結してがんばりましょう。育英館に学ぶ生徒たちが「楽しい学校」であると、胸をはって言えるように改善していきましょう。信頼はそれに応えようとするところから作られるものだと信じています。

きばっど育英館     国境なき医師団の講演から 

国際教育・グロ-バル人材育成講演会を聞きに出かけた。雨の季節を代表するような日曜日だった。会場は県民交流センタ-2階のホ-ル、入場すると、高校生を中心に、多くの人が座っていた。(留学フェアに来る人はなにかオ-ラがあるなあ)

県教委の西橋指導監のあいさつ後、Tシャツ姿のイケメンが語り始めた。講演会と聞いていただけに、ス-ツ姿でないのにびっくりした。後で分かるのだが、このTシャツこそ、国境なき医師団のシンボルだった。デモDVDを見て、世界のあらゆる国に、要請があれば、24時間以内に医療スタッフと医療施設、器具を届けるという人道援助団体であると聞いて、驚くやら感動するやらだった。

青年医師高橋健介さんは自分の生い立ちを紹介し、外国へのあこがれへと話を進めた。その夢を実現し、国境なき医師団の一人として海外で活動している今を熱く語り始めた。医療ボランティアも大変な仕事である。しかも、現地での生活はサバイバルに近い、医療をろくに受けたこともない人々の命に関わる仕事をしている。その苦労や大変さを少しも感じさせない、さわやかな語りにも感動した。仕事への誇りと国際人として生き方の熱さ、潔さから出てくるものなのだろうか?

説明に活用した写真は仕事を説明するものだろうが、どの場面でもスタッフの笑顔が印象的だった。また、チ-ムの一人一人の写真に役割と人柄をそえて話すのにも好感がもてた。講演後の質疑応答の時間でも、どの質問にも「ありがとうございます」と答え、的確に返事を返そうと努力する。そして、「これでよかったでしょうかね」と聞き返す。講演中に「医療の現場で、失敗が許されない」という話があった。この質疑応答の高橋医師の対応は、正確な意思疎通をどうはかればよいかを実演したものだった。母国語でない英語でのやりとりで、スタッフ間の意志が確実に伝わったかを確認する方法なのだろうと思った。まさに、海外の仕事場ではスタッフ同士の意思疎通こそが第一である。

相手が患者に行った処置や患者に関する情報提供に必ず「感謝やねぎらい」を与え、自分が行う措置や患者への声かけについて、アドバイスをもらいたいという気持ちで確認を繰り返す。この一連の流れなくしては、活動は成り立たないし、信頼を得ることはできない。彼がチ-ムの一人としてよい仕事をしてきたことがよく分かる。英単語より、英文法より、コミュニケ-ションと彼が語った理由が本当に理解できた。だから、伝えたいという気持ちは、「ありがとう」と相手を思いやることからスタ-トする。医療スタッフも多国籍だと思うし、英語の単語や文法を知らないこともあるだろう。だからこそ、互いを信頼し、言いやすい環境を作ってあげることが必要となるのだろう。同じ人間同士は相手を思いやる心でつながると言いたい。

指導監は「自国の歴史や文化を学び、留学先のそれらを知ろうとすれば、相手の多様性を受け入れることができる」と語られた。日本人が大切にしてきた「和」は閉じるものではない。自国のよさを知った上で、相手を理解していこうとする、開かれた「和」でありたい。常に思いやりをもって、つながろうとする「和」でなくてはならないと考えることができた。よい機会を与えていただいた皆さんに感謝したい。

きばっど育英館 終業式の校長講話(概略版)2   

夏を制するものは受験を制する 夏を制するものは自分を制する

「制する」とは「自分をコントロ-ルできる」ことだ。「かなり暑い」という条件の悪い中でも、自分をコントロ-ルできる。こうなると、人間は強い。そうできるように、訓練するということだ。剣道や柔道の武道にみる「暑中けいこ」、「寒中けいこ」の意味はそこにある。条件の悪い中で、全力で取り組み、精神面を鍛えるようと考えて、昔から設定されたものだ。本番の試合がどんな状況下でも自分の力が発揮できる。昔も今もメンタルを鍛えるために、季節を利用するのはわかる気がする。悪条件を克服するメンタルの強さは、実社会でも十分役に立つはずだ。

これまでの夏休みの思い出の一つには計画通りいかなかった後悔をもつ人は多いはずだ。後悔をしないために、今年こそは○○になろう。あこがれのスタ-や好きなに、「イチロ-になる」と書くだけで取組は違ってくる。ぜひ、なりきろう。

(常に英才たれの最近号には、イチロ-、本田圭佑の卒業文集の文章を掲載しました。「お世話になった人を球場に招待したい」と書いている文章を読むと、本人たちが感謝の気持ちを忘れていないことがよく分かります。感動しました。)

ところで、木の年輪で、よく成長している部分は、密な部分でなく疎になっている部分である。一見無駄に見えている部分が大切だ。この夏休みを機会に勉強だけでなく、音楽会、美術展などに行って、日常にはない感動を覚えてほしい。映画は吹き替えでなく、字幕を見て楽しむもよい。ゆったりと美術館で好きな絵を見たり、コンサ-トに行って、音楽を鑑賞したりと、自分をつくる活動を積極的に行ってほしい。

個人的には、アリスに会ってほしい。今回ほど、時間を考えさせる話はない。「過去は変えられない。しかし、過去に学ぶことはできる。」という言葉は多くのことを考えさせる。過去の出来事はその人の一生を決めるものでないと言い換えておきたい。過去の出来事を変えてもその人の一生が変わらないとすれば、それをどうとらえるかで決まると言い換えた方がよい。続きはぜひ、劇場で…

育英館を誇りに思い、学校を愛し、どこでも胸をはってすばらしいと言ってほしい。「貫き極めろ」はどこまで達成できましたか。育英館の生徒とは?と考えると、やはり、英才になろうと努力する人であってほしい。学校を変えるために、先生方にも協力してもらっています。次は皆さん自身が変わる番です。もうすでに変わっている人も大勢でてきました。今までとは違う育英館をつくりましょう。

英才とは目標、目的があってそれに向かって努力できる人です。信長は天才、秀吉は秀才、太平の世を願い、努力した家康こそ英才だと思います。「人の一生は重き荷を背負って行くがごとし」は家康の言葉として有名ですが、理想を掲げて努力する姿だと思います。育英館の英才たちにも、「重き荷を背負って」がんばってほしい。文化祭、体育祭もやってきます。皆さんの一人一人の力が集まり、すばらしいものとなります。学校はやりとげたという感動を共有する場です。

育英館の看板「常に英才たれ」を背負って、2学期もがんばりましょう。

きばっど育英館 終業式の校長講話(概略版)1         

育英館の伝統である礼法指導の成果を目の当たりにした1学期でした。

生徒指導の根本は「形を整え、心を入れて、姿で現す」です。

修学旅行での中3の2組の行動のすばらしさに、礼法指導の必要性を感じました。育英館の生徒が社会生活の上で大切な礼儀ができていることを多くの方に褒めていただきました。太秦映画村の食堂やホテルのバイキング朝食の後に、食器が集められ、並んでいることに感動しました。だれがいうこともなしにできることがすごいことです。また、片づける人のことに思いをはせる力があることも感じられました。5分前行動や場所によって声の大きさを変える。体形を変えて、話を聞く。グル-プでの行動では仲間を待つなど、チ-ムの結束に必要なものはすべてそろっているなあと感じました。よいチ-ムに育つと思います。ぜひ、この学年を後輩は見習い、先輩はさらに高きを目指して、育英館の三本柱といわれる「礼儀徹底」、「無言作業」、「時間厳守」を校風として確立してほしいものです。

さて、他人から知られずによいことをするのが、古今東西、最高の行いとされてきました。善行賞は、その行為自体を称える賞です。多くの人の模範となるすばらしい行いとして評価される人に与えられる賞です。「ちりを拾う」、「率先して行動する」、「思いやりの心を行動に移す」など、日常生活の中でだれもが遭遇する場面で、主体的によいことを行えていることを評価したものです。自分でもできそうだと思ってもなかなか難しいものです。ぜひ、次回の善行賞を自分のものにしてほしいと考えます。

次に自己向上賞は若い目の入賞者、成績向上者に今回は授与しました。成績が向上するためには、弱点克服に力を入れる必要があります。他人がやってくれるのではなく、自分を高めるのは自分でしかできないことです。こつこつと努力する以外にありません。若い目の入賞者の皆さんには、社会や時代を素直に見つめ、考えられる若い目を今後も持ち続けてほしいと願っています。そのためにも、多くの読書をして、自分の考えを多く書き、そして多く語ることに努めてください。日本語だけでなく英語でもコミュニケ-ションがとれるよう、表現力を養ってください。

今学期の英検全員合格やサッカ-、野球の地区大会優勝などは、皆さんの取組の評価が表れたものです。この育英館で学んだことが、確実に成果へつながっていきます。君たちを支えてくれた多くの人への感謝の気持ちで県大会へ進んでほしい。多くの仲間たちが立ちたいと思って競うあこがれの場面に立てる自分たちを誇りに思ってください。育英館の看板を背負って戦う覚悟があれば、次のチャレンジへの大きな原動力となるはずです。

 

(なかなか暑い中での終業式講話で時間短縮のために省略した部分が多かったような気がします。また、中学生から高校生ということで、反応を見ながら言葉を付け加えた部分も多かったような気がします。)

 

きばっど育英館  貫き極めろは生徒募集でも 

学園スロ-ガン「貫き極めろ」はどこまで達成できたのか?生徒数減少は学校の存続に関わるという私学の厳しさは、だれもが頭ではわかっている。本校も例外ではない。それでは、一人一人はどう行動するのか。「学校訪問したが、体験入学は0でした。」で終わっていないか。それでよいのだろうか。もう一度、考えてみたい。

体験入学アンケ-ト(7/23)で、それぞれで課題は把握されたと思う。体験入学に来た生徒は、ほぼ満足に○をつけている。育英館の評価は高い。体験入学に呼ぶことがまず大切だ。そういう観点で見ると、体験入学に来ようと決めた理由は、「保護者からの勧めが多い」ことに気付く。では、保護者が育英館のよさを感じるのはどこなのかと考えると、口コミや見た目である。そうなると、街角や電車の中で会う育英館の生徒の印象や育英館に生徒を出している保護者の言葉も大切だ。しかしながら、口コミ効果は800名に至らない卒業生の総数を考えると、なかなか厳しい。

さて、私も鹿児島、日置市を中心に小・中30校ほど訪問した。手ごたえのある、ない学校といろいろと体験できた。しかし、1回めと2回めの対応は明らかに違う。本当に「語れるのは」は2回めからだ。2回め以降の学校訪問では、育英館のよさだけでなく、生徒の進路をよく考えるとはどういうことかと語ってほしい。夏休みは余裕のある人も多いから、3年担任とゆっくりと語ることが可能だ。そこで、多くの選択肢を生徒に提供するのも担任の仕事であると語ってみよう。「普通科の私学は多いが、難関大学合格や英語力向上などの実績をあげ、夢実現を支援しているのが本校です」とパンフを開けて語ろう。そこで、生徒の個性や家庭状況などを語ってくれたら、成功である。自分のクラスの○○はどうかなと語ってくれるような先生を探し、ぜひ友達になってほしい。そういう関係づくりを進め、体験入学を1名でも実現させよう。

育英館の名前がこれほど知られていないという話をしよう。「鹿児島育英館高校の校長の宮元です」とある中学校に電話したら、「育英館?」と受付の方に聞き返された。「伊集院にある日章学園の鹿児島育英館で…」と語っても今一つであった。「鹿児島城西と同じ日章学園の…」と語ると反応した。この学校を含め、1学期は、機会をとらえて、電話を入れた。今では、「育英館の校長です」といっただけで、校長室につないでくださる。知ること、知らせることの大切さである。電話についても、繰り返していうが、回数だ。さらに効果的なのは訪問することだ。先にも述べたが、学校訪問を重ね、知り合いを広げ、お願いをする。これを地道にくりかえすしかない。

中学校の進路指導では、「自分探しの旅」という言葉がよく使われる。「探す」のだからとりあえず、「高校に行けば」と考える。本当は、「自分つくりの旅」である。自ら求めて、社会を生き抜くアイテムを手に入れることが大切だ。育英館なら、21世紀型能力の言語や数理、情報ツ-ルを手に入れることができる。そうして、教科間を串刺しするような総合的な概念をもてるようになると、より広い世界で活躍できるグロ-バルな視点が育ちやすいと説明したい。21世紀型能力と結びつけて、語ることは効果的である。

きばっど育英館  数を数える言語感覚から「探究」へ

日常使っているなにげない言葉について、少し考えてみましょう。

国語学者の芳賀綏(はがやすし)氏の文章ですが、こんなことが書かれていました。

…あるドイツ人学者が、ドイツの一般市民に日本語の初歩を教えていて、幼児の年齢の数え方を、「一つ、二つ…」と教えたところ、聴衆の中にもぐり込んでいた若い日本人が、そんなことは言わない、一歳、二歳だ、と言い張ったという。われわれ和語派からすれば、情けない日本人が出てきたものだと思う。「お年はいくつ?」「三つ」━━これが日本人の会話だ。「年齢は何歳なの?」「三歳」。いやらしい。戸籍調べじゃあるまいし。…
【雑誌「國文學解釈と教材の研究」1984年5月号「特集:ことばの謎」収載「ことばのひびき、語感の調和はくずれるか」より】

そこで、考えたのですが…合祀される魂や祭られている神を数える「柱」であるが、和語読みで「ひと、ふ、み」と数えたいものだ。よって「八柱」は「やはしら」と読みたいものだ。しかし、明治政府の漢語好きが、平成の御代でもしっかりと定着している。「はちはしら」と読まれる方が多い。私は和語派で前者が好き、耳に響く音もよいと感じますが。いかがですか?神様にとっては、どちらも同じといえばそれまでですが…さらに、番号をふるようになったのも明治時代からで、昔は番号もなく羅列してあるのが本来の形である。後世にあの17条憲法にも「一つ」が頭についたようだ。明治時代から始まったこの「一つ、○○」の言い方は、大切なものを確認するための言い回しとして現在まで定着している。建学の精神の3つの要素は、順番をつけられないどれも大切なものであるという訳だ。そういう意味でしっかりと唱和したい。

なぜ、こんな話になるかと疑問をお持ちの方も多いでしょうが、「探究」というキ-ワ-ドが新学習指導要領の中に出てくるからには、言葉も探究したい。おやと思ったら、どこまでも追究する姿勢が今まで以上に必要となる。「持ち」と「もち」の使い分けも同じで、「物を持つ」はあるが、気持ちとなると、「もつ」だと書き分けることがある。確かに気持ちを荷物のようには持てない。日本語の探究から始まって、すべての教科でこの探究を具体的に考えてほしい。自分から調べてみると教科に対する興味・関心は飛躍的に高まる。育英館には他の学校にないものがある。それは探究を通した知的な興奮、知る喜びであると紹介できるとすばらしい。教えるプロとして、探究の一点はだれにも負けないと、誇りをもってがんばりましょう。

授業で勝負です。