きばっど        夏の終わりに          2019.8.27

きばっど        夏の終わりに          2019.8.27

今年の夏の総括をしてみたい。前半戦は初任校の同窓会 中盤も一番長くいた学校の同窓会 後半は最後の学校の先生方の同窓会です。なぜか同窓会にあけくれています。「先生!若い」と言われると調子に乗ってさらに飲んでしまいました。「先生といつまでも呼ばれる重さをかみしめると簡単に同窓会にいけない」と先輩がつぶやいていたのをしみじみと思い出します。

45歳ぐらいになると会社社長という重要な役職も多い。母親になった者は二通りだ。先発組はすでに子育て終了、後発はまだまだこれからという。中盤の同窓会の話だ。幹事会だというので顔を出すと、話が盛り上がり、4時間もおしゃべり三昧だ。人間関係、会社の話、同級生のうわさにととどまるところを知らない。あちこちから先生と呼ばれるし、こちらも話に加わる。30年の年月は今の姿形に感じるが、まったく気にならないのが同窓会マジックだ。

「同級生とはなんぞや」の答えは出す前に、だんだんと自分の同窓会の年代はあがり、高校の同窓会案内が届くが出席の意欲はない。大学の同窓会なんて規模の大きさもだが、当時でさえ、結束力の弱い国語科で、卒業してから会ってない顔ぶれだ。そこでとんと話にもならない。書道部はその点、鉄の結束で何かあれば集合なのが面白い。同年齢の部はとりあえず終了だろうか。

ここで、育英館の同窓会の話題に乱入させてもらうと、実に先生とのつきあいが「恋い」存在だ。漢字の間違いでなく、この言葉でぴったり、校長としては、育英館という学校のためにはもう少し活躍してほしい。無理は言えないが

ここで考えてみると、学校は先生と生徒をつなぐ場でしかありえないのだろう。それが証拠に廃校してもその学校の同窓会はある。よくみれば、そこにあるのは生徒と先生のつながりだ。人と人が社会を形成するための場が学校なのだ。

同窓会で自分をふりかえる。生徒の瞳に映る自分はどうなのだろうか。中学生だったころの彼や彼女の瞳に映る姿と比べて変わったのだろうか。「先生変わらない」と言われる言葉は40になり、50になった彼ら自身の目に映る先生の姿は昔の溌剌とした先生と変わらないよと言われていると信じていたい。

野球、サッカ-で活躍したり、ボランティアや勉強に打ち込んだり、いろいろな生徒たちの活躍は育英館を場として活用した結果である。しかし、その心に残る大きな要素は先生方である。「育英館の先生」としていつまでも生徒たちから若い、変わらないといわれる溌剌さをもちつづけたいものだ。

私学フェアで「育英館は?」と名前を出して尋ねてくる方が増えたような気がする。知名度がアップしている。夏の終わりに定員を充足したリアルな夢もみた。結果がでるのは正月あけ、9月スタ-トの2学期は秋の陣の始まりだ。これからも先生と呼ばれる幸せをもとめ、顔と名前が出てくるまで募集をがんばりましょう。

きばっど          モアイに学ぶ              2019.8.23

きばっど          モアイに学ぶ              2019.8.23

イ-スタ-島には、「モアイは山から歩いて海に行った」との言い伝えがある。どうやって歩いたのだろうと多くの研究者がその不思議な言い伝えを読み解こうとした。この続きは国語の教科書に取り上げられたこともあるので、皆さんもよくご存じだろう。(後半解説)

宮崎県の観光パンフにサンメッセ日南にはモアイ像があると書かれていた。なぜ、宮崎にもモアイがあるのかが長年気になっていた。山から歩いたモアイはいたのだが、どうやって海を渡れたのだろうと疑問に思っていた。今回訪ねてみて分かったが、ここ日南にあるモアイは友情の翼で海を渡るどころか、飛んできたようだ。このモアイ設置の物語には、世界の中で日本人がどう生きていくとよいかのヒントが隠されているようでならない。

さて、モアイが歩いた伝説の話から始めよう。重機のない時代にあれだけの重い石像を山から切り出し、海辺の集落の近くまでどうやって運んだのだろう。最近の研究ではモアイの頭に前、左、右の三方向からロ-プをかけ、本体を左右にゆするようにして運んだらしい。その揺するタイミングと前方向からの引く共同作業でいかにも歩くようにモアイは前方へ移動する。ゆっくりではあるが、確実に前に進んでいく。100名程度の人員でモアイは歩くことができる。つい最近の研究で、研究者たちによってモアイは上手に歩くことが実証された。このような方法で、まちがいなく歩いて集落まで行ったのである。

ところで、モアイが日本にやってきたのはなぜか。それは、イ-スタ-島にあるモアイの修復に日本の建設会社が献身的に関わったことに起因する。その協力的な行為に感謝した島民が世界遺産であるモアイを島外に立てることを認め、ここ日南の地に設置されることになったのである。この日本製モアイは日本国内で特別に彫られたもので、その大きさから7基がすべて重機で抱きかかえられて設置されたようだ。それぞれのモアイに御利益があるというから面白い。モアイ広場に飾られた石版プレ-トには、15体のモアイを立ち上げた日本の修復チ-ムの献身的な活躍への感謝が明記されている。

巨大なモアイを動かす人間の知恵には驚かされる。「人間の知恵は無限大」という言葉がぴったりだ。現代のモアイ設置はさらに大きなボランティアという力が加わった。モアイは太平洋をひとっ飛びした。「奉仕と友情に感謝する」の碑文こそ、日本のこれからのあり方だ。世界中の人、自然のために日本のもっている力を使うべきである。それを評価されたと考えると、青い日南の海をバックに立つ7体のモアイ像は実に美しい。

宮崎の観光地にあるさまざまな像、平和台公園の「八紘一宇」の塔に鎮座する4体の石像、はにわ公園にある武将や文官、庶民等のさまざま埴輪、そして、モアイ、それぞれ、人間の願いが作り上げたものである。それぞれにドラマがある。人間が幸せに生きたいと考えれば、それは人のために生きることである。私たちはどう世の中と関わるべきなのかの問いに対しての答えにある。人を慈しむ心をもち、生きるために知恵を出し合えば、人生を楽しく生きることができる。そう行動できれば、日本は世界で唯一の存在になり得るだろうし、日本人も世界の人から頼られる唯一の存在となり得るだろう。ここまできておやじギャグで悪いと思うが、だれにで「も愛」だ。

きばっど      授業は生徒と教師のドラマ       2019.8.22

きばっど      授業は生徒と教師のドラマ       2019.8.22

授業は知の入り口に過ぎない。生徒が知りたい、分かりたいと思えば自然と学ぶし、力になる。よくたとえに使われる。水飲み場に馬を連れて行く話がある。水を飲まそうとしても飲まない馬はどうしようもないと教育現場での話はまとまる傾向がある。そうだろうか。たとえに使われる馬にとっては迷惑な話だ。「水を飲まない」と条件があるのに連れて行く人が悪い。

この条件を残したまま、発想してみよう。まず、水は飲まないのだから、別のものはどうなのだろうかとの発想である。同じ水分でよければ、ポカリとか、ジュ-スとか。飲めないぐらいに弱っているなら、生理食塩水の点滴とか、好物の食事の時にいっしょに水を飲ませるとか、水を飲まない馬に飲ませる方法を考えて見る方が教育的だ。

授業を成立させるには、生徒の取組が大きな部分を占める。教師が6で生徒が4ぐらいだろうか。いやいや、本来は生徒が9で教師が1ぐらいなのだろう。吉田松陰先生(山口県ではこう言わないといけない)の教授法は問答法である。かの有名なソクラテスの産婆法?と同じだ。問いかけていくと思考が深まり、真実や解決方法を見いだせるという方法だ。生徒同士の練り上げで知が智に変わる。智は生きる力を背後にもつ。有言実行の世界がそこにある。先生のレベルに達するのはなかなかだが、生徒に問いかけ、考えさせることは可能性を拡大する。経験の浅い先生はがまんできずにすぐに自分で答えをいう。不安だから教え込む。生徒にとって自分ができない、わからないことを明確にしてあげれば、わかりたい、考えたいというにきっとなる。そこまでまてるかどうかだ。教師の力量とはそこまで待つかどうかでもある。

授業の基本はよく聞くこと、そして、大事なところをメモすることだ。板書を写すことを指導してはいけない。キ-ワ-ドを見つけて、それをきちんとメモすることだ。いねむりをしたい、手遊びをした生徒は自分の授業の受け方に満足していない証拠だ。自分のメモを見させて、授業を振り返らせ、今日の取組を評価させることも大切だ。

授業感想を書かせると、取組はさらによくなる。そして、集めた感想に励ましや評価の文言をそえて返すとさらによい。教師自身も自分の授業をふりかえることにもなる。今日の授業で一番印象に残る言葉はなにかとかの発問でもよい。書かせてみたい。授業をふりかえらせること。名選手イコ-ル名監督にならないのは、「言語表現力」のあるなしだ。運動を言葉で表現できるかはけっこう難しい。生徒の1時間の取を言葉で評価するのはかなり難しい。「理解したことを表現する」が記憶の自分化だといえる。先ほどの「智」に変わる瞬間でもある。2学期のスタ-トでは、検討会で話題になった各学年の課題克服に各教科で努力してほしい。

きばっど    ディ-プラ-ニングによるAI育て     2019.8.15

きばっど    ディ-プラ-ニングによるAI育て     2019.8.15

最近どこにでもある(いる)AIだが、その学び方は過去のデ-タの蓄積である。過去のデ-タを学ぶことでどんどん頭がよくなる。まさに過去問を解きまくる受験生と同じである。将棋や囲碁の世界で名人がAIに負かされる秘密はこのあたりにある。過去の対局の棋譜を記憶して、その中から現在の状況に似たものを探して、自分の手を決めて勝負するわけだ。未来への道筋が書かれたシナリオをもっているようなものだ。これらのAIを作り出した人も「なぜ勝てるようになったか」が分からないという。結果として名人に勝つわけだが、これがAIにとって正解なのである。「勝つ」という目的達成がなされるとそれでよい。しかし、人間ではそんなにうまくいかない。最終目的が人それぞれだからである。「この試合に勝った」の先にある未来は本人次第であるからだ。勝ったことで有頂天になり、研鑽をおこたり、スランプになり、勝てない試合が続き、引退してしまうというシナリオもあり得る。また、勝てなかったことで、発憤してがんばり、名人と呼ばれるまで成長するというシナリオもある。試合の勝ち負けが人生のシナリオを書き換えてしまう。もちろん、本人の努力次第だが。

このことから考えると、AIは幸せになれないだろう。たぶん過去のデ-タをもとに幸せになるような選択をするだろう。幸せはその人個々のもので後にも先にもその人のものである。つまり、いくら探しても過去に正解がなく、結局は未来に正解があるのだ。未来の確定はAIの限界だと考えてよいだろう。

万能でなんでもできる存在のモデルとして、「アラジン」のジ-ニ-を登場させ考えてみたい。願いを何でもかなえてしまう魔法のランプの精ジ-ニ-には自分自身をランプから解放することはできないという制約がある。この点がAIの限界を連想させるので実におもしろい。依頼者の願いから抜け出せないのである。アラジンでは最後に魔法の呪縛から彼を解放するところで話は終わる。魔法のランプにすむ魔神にも似たAIを育て始めた我々は気をつけないといけない。世界中にいるAIにどんな過去のデ-タを学ばせるのか、実生活でどんな役割を与えていくのか。補助的な役割を与えているうちはまだよい。大事な局面をすべて任せるのはやめた方がよい。過去の膨大な事例に基づいての判断だからまちがいは少ないだろう。しかし、人は未来に生きる存在であるかぎり、どんな結果になれ、最後は人が選択するべきである。

AIはそのうち感情も手にするだろう。計算できないものに対するエラ-を「恐怖」に、求める解決を見つけ、それを共有できた感情を「喜び」と感じるようになっていく。感情までも手にした彼らとどうつきあうのか、生命とはなにか、人間とは何かをいやでも突き詰められる時が来る。感情がないと思っていた多くの存在にそれがあるとしたら、「いのち」の定義自体も変わりそうだ。

きばっど     エ-デルワイスが好き          2019.8.8

きばっど     エ-デルワイスが好き          2019.8.8

井谷桃先生が「修道女」として出演するオペラを見に行った。修道女から想像がつくだろうが、演目はサウンドオブミュ-ジックである。第2次世界大戦の足音が近づくオ-ストリアが舞台の有名な話だ。妻を亡くしたトラップ大佐は海軍のために留守することが多い。7人の子供たちはなかなか家庭教師になつこうとしない。やっと見つかった7人目の家庭教師は修道院では変わり者と呼ばれたマリアだった。歌が好きで明るく、修道院の生活より、野山をかけまわりたいという若い女性だ。彼女の指導に手をやいた修道院から追い出されるようにトラップ家にやってくる。彼女と子供たちは歌を通じて仲良くなり、歌がトラップ一家を変えていく。そのあとはご存知のとおりだ。

何回みても感動する。実にすばらしいオペラだ。もちろん主役のマリア、トラップ大佐はベテランで、歌声に引き込まれてしまう。子供たちもこの二人に負けないように魅力的だ。オ-デションで選ばれただけのことはある。とりわけ、舞台演出に感動した。バレエやオペラの見せ場は、豪華な背景も含まれるものだが、今回はそれがないのにあると感じさせる不思議な舞台装置だった。真ん中の小高い階段とその奥の階段が丘や家の階段、劇場の舞台となる。この階段で歌うと、サウンドオブミュ-ジックのテ-マ(?)をアルプス(?)を背景に歌うシ-ンになる。アルプスの山々がなぜか浮かんでくる。借景のような効果だ。トラップ家の子供たちが「ごきげんようさよなら」を歌う階段にもなる。歌が実にうまい。映画のシ-ンを見ているのか、いないのか、見なくても十分だ。純粋に楽しめる。ここまでうまいと歌唱力で見せて、聞かせているようだ。

「ドレミの歌」もこの階段をうまく使って歌う。どれもが映画と重なって聞こえるから不思議だ。ギタ-を弾くマリアを囲んで歌うドレミの歌の演出もよくできている。子供たち一人一人の魅力が引き出されている。終わりの頃に気づくのだが、トラップ一家合唱団が出演して消えていく劇場ははじめから準備されていた。この宝山ホ-ルこそが演出として準備された劇場であり、私たちも観客の一人としてこの作品に参加していたのだ。

この物語がここまで有名なのは映画に使われている曲の美しさである。とりわけ「エ-デルワイス」は実にうつくしい。この中に歌われる花、白く小さな清らかな花こそがオ-ストリアの象徴である。英語の歌詞は「私のふるさとがいつまでも変わらずにあってほしい」と結ぶ。これほど平和を歌う歌は他にない。若き担任のころ、学級歌としてエ-デルワイスを毎朝歌わせたし、「平和を考えるなら、この歌を聴き、この映画を見ればよい」とよく語った。難しいことはいらない。家族が離ればなれになることなく、力をあわせて毎日が生きられる。そんな幸せがふつうにある世の中であってほしいものだ。

きばっど     数字はうそをつかない          2019.8.1

きばっど     数字はうそをつかない          2019.8.1

数学の天才が戦争をどうとらえるか。美しいものの長さをはかり、なぜ美しいかを考える彼は、すべては数式で表されると豪語する。AI研究でもよく話題になるが、世の中はすべて数学で解釈できるという話がベ-スだ。

昭和8年、新型戦艦の造船に関わり、海軍省内で会議が連日、開かれる。これからの戦いは空母と航空機と考える山元五十六は、巨大戦艦建造計画の矛盾点を証明し、廃案にしようする。そのために起用された数学の天才が主人公だ。

数学の天才ではあるが、軍艦なんて見たこともない。設計図から工程、使用材料、賃金など機密事項で皆目分からない中、彼の戦いが始まる。期間は10日間しかないので、緊張感がおもしろさを引き出す。まずは戦艦長門を徹底して調べる。長さを徹底して計ったり、設計図を写したりとひやひやだ。これらをもとに戦艦の設計図をおこす。次に材料や工程、賃金などを調べ、見積もりを作るろうと、造船会社を訪ねる。そこで、資料を精査して、材料としての鉄の使用量と全体経費との関係を示すグラフを導き出す。会議日程を前倒しされ、時間のない中で、彼はこのグラフのもとになった数式を考えつく。そして、新造艦にかかる予算がおかしいことを会議の中で見事に指摘する。結局、歴史は変わらず、この巨大戦艦は作られることとなる。しかし、その建造計画の裏にこのようなドラマがあったこととするのはおもしろい。フィックションだろうが、彼の解決行動には未来を指向するモデルとして評価できる部分が多い。

与えられた課題を解決するために必要なものをぜがひでも手に入れる。課題解決学習は見通しが大切である。天才でも軍艦を知らないのでわからないと長門を計る。朝から晩まで計って計りまくる。「戦艦は左右対称だ。一方を計るとよい」とか、「美しい建造物だ。ぜひ計りたい」という言葉が印象的だ。自分が体験し、理解するのに一番わかる方法を駆使している。「計る」だと信じていることがすごい。そして、自分で戦艦を設計してしまう。戦艦を設計するために造船に関わる文献を読みあさる姿もすごい。課題解決に必要な材料を的確にそろえ、それを理解して使いこなす。一人の人間がここまでできるのはすごい。

最後に時間短縮という要素が加わると、ポイントを絞って発想するところがまたすごい。戦艦建造に関わる多くの書類の数字を見ながら、その相関関係を見つけ出していく。統計学は文系でも必要だといわれるが、数字に関するセンスは人それぞれだ。その意味で天才なのだろう。数学は美しい。それは真実を見事に解き明かす。うそはけっして許されないものだ。数学の天才は真実を突きつけ、巨大戦艦建造案は廃案となる。彼は数学的に戦争を回避した。しかし、この戦艦は「大和」という名をつけられ、作られることになる。日本は戦争に向かっていくしかない。この映画の最後の5分が実に考えさせられる。作ってはならないものをつくる意味は?後は映画館でどうぞ