きばっど    出藍の誉れ               2019.9.25

きばっど    出藍の誉れ               2019.9.25

このことわざは荀子の次の漢文から由来するものです。

「君子曰、學不可以已。青取之於藍、而青於藍、冰水爲之、而寒於水。」

訳は、「君子が言われた。学問は永久に継続して修めなければならないものだ。青い色は藍という草から取ってできたものだが、それはそのもとである藍よりもさらに青い。氷は水からできるが、水よりもさらに冷たい。」です。「青取之於藍、而青於藍」という部分は、門人が師よりも一歩進んだ修養ができていることをたとえたものです。作者である荀子は、終生学び続けることによってすぐれた人間を目指すことや、また自分勝手に学ぶのではなく信頼できる師のもとで学ぶことが重要だと説いています。だから、人間の生まれながらの本質を「悪」として、後天的に続ける努力、すなわち生涯学び続けることによって、「善」に向かい、すぐれた人間になることを勧めたのです。この漢文に由来することわざから派生した「出藍の誉れ」の意味は、もちろん「青は藍より出でて藍より青し」です。生まれたものが、そのもとのものよりすぐれていることから、「弟子がその師よりもすぐれていること」をいいます。師を超えるすぐれた弟子を称える時などに使われる言葉です。

まえおきが長くなりましたが、これこそが教育の完成形だと考えられます。優れた教師は生徒を自分よりも高められるのです。師をこえるためには、師のすべてを理解した上で、弟子は自分なりの工夫や努力をする必要があります。そして、師は弟子が自分をこえることを容認し、その成長をたたえることがポイントです。教育は可能性を伸ばす営みです。そのためには既存の枠組にとらわれず、自分をデザインしていける人間に成長させることを目指さなければなりません。新しい時代を切り拓く発展や進化が認められてこそ、教育です。

「スタ-ウォ-ズ」が好きなのは「師と弟子の物語」であることです。一人の師は一人の弟子しか教えないという厳しいジュダイの掟の存在、考えてみると、究極の小人数教育であり、これこそが本物の教育なのです。この教育には、知識だけでなく、生き方や人としてのあり方が付随されています。知恵のある悪魔を育ててはいけないことが基本にあるのです。戦いに出かける場面では「フォ-スとともにあらん」を必ず確かめ合います。勝負の勝ち負けよりも正しく生きることを確認し合っているように見えます。ライトセ-バ-でのチャンバラだけでなく、東洋の思想を作品が包含しているのでしょう。生涯学び続けることを説いた荀子がこの悪と善の戦いのドラマを見てどんな感想をもつでしょうか。登場人物はそれぞれのステ-ジで悩み、苦しみながらも師をこえて成長していきます。教師が、卒業生に会うと楽しいのは「こえられた」と感じる瞬間のせいかもしれません。まさに出藍の誉れの世界です。

きばっど    めざせカリスマ教師           2019.9.13

きばっど    めざせカリスマ教師           2019.9.13

カリスマ先生に共通する話をメモした紙を見つけた。全国の音楽コンク-ル連覇校の顧問の先生の話だった。メモなので詳細がわからなくなっているが、羅列してみると、次の①から⑥だった。

  • 各係と100個の相談をする。 現在ある課題を意識して存在感を示す
  • あいさつに必ず一言付け加える どの生徒にも見ているよをアピ-ルする。
  • 「学ぶ」のモデルは教師である。先生自ら学ぶ姿勢をもつ。
  •  楽器演奏の前に、歌を歌って感じをつかませる。多様な方法で能力開発。
  •  ペップト-クで、ネガディブからポジテイブに気持ちをもたせる。
  •  「先に生まれただけの僕」という気持ちで生徒に接する。

この後に「授業をかえる」のメモがある。①から⑥についていろいろと考えたメモだ。生徒に考えさせる場を与える。そのために知識を整理する場の設定が必要だ。「相互に教えさせる」ことが大事である。わかった子とまだわからない子を授業の中でからめる。「ヒントを出す→考え方を教える→自分で答えてみる→考え方からたどって、答え合わせをする」の順で授業を整理していく。よく見るクイズ番組の手法とかなり似ているのに驚く。

「先に生まれただけの僕」とはどういうことか。生徒よりも多くの思考パタ-ンを知っている。課題解決へのアプロ-チが多彩である。たとえば、助け合い学習にも多くのハタ-ンを考えられる。・方法を教え合う・方程式の解法提示・比較する・批判的な思考という具合だ。そう言っても、教師としては伝える力は不可欠だ。受け手と投げ手という視点で考えると、相手に対しての思いやりコントロ-ルで、見えるよう、聞こえるように伝える。UDでだれでもどこでもわかるように伝える。受け止めやすいように反応をよくみて、力をかげんすることだ。補助的な手段も準備したい。そして、投げたボ-ルが帰ってくるとき、見えないものを見て、聞こえないものを聞きながらキャッチしていく。カリスマ教師にはオ-ケストラの指揮者なみに全部の音が聞こえるのだろう。多くの曲を聴き、曲調をつかんでいることが大事なのだろう。そのためにも、機会を見つけて、生徒に声をかけ、その反応をかねてから見ておくのは教師の大事なトレ-ニングとして必要だ。元の音を知らずに変化する音は分からない。

「今までと違う生徒が学校に増えていきますよ。先生方も変わらないとだめですよ」との保護者の声を聞く度に、「先生だって変わる努力していますよ」と言いたい。どの生徒にも新しい時代に活躍できる人間になってほしいと願っているのだ。そのためにも、いろんな音も聞き逃さないで、声かけのできるカリスマ教師をめざしていきたい。

きばっど        ささやいてご           2019.9.10

きばっど        ささやいてご           2019.9.10

新しい社会の到来が話題になっている。今から30年ほど前、ノストラダムス予言の世紀末予言が一世を風靡した。「宇宙からやってきた大王に地球がほろぼされる」という話だ。今度は新しい社会に滅ぼされそうだ。離島や僻地に荷物を届けるのにドロ-ンならひとつ飛びである。目的地さえ言えば自動運転でどこまででも連れて行ってくれる車もある。マックやケンタッキ-ではロボが対応してくれる。これらすべてがささやいて5.0だ。ついていけるのか?

何回聞いてもこう聞こえるし、発音すると変な顔をされるし、「ササヤイテ ゴ-」でよいという気になってきた。こう聞こえる私は、これからの社会は大きな声で言えない社会なのかと勘ぐってしまう。教科書を立て、先生の視線をブロックしてSFを読みまくった中・高校時代、あのころは見果てぬ夢があった。その話の中に出てくる物が次々と実現していく。ちなみにケ-タイは、昭和40年代のアニメにも登場しているし、機械が人間を支配する「タ-ミネ-タ-」の世界も一部現実になった。衝撃は大きく、いつかやってくる時代に警戒しようと思った。あれからわずか40年あまり、AIの進化は著しく、世界と簡単につながるケ-タイやIOTになれている自分が不思議だ。

瞬間移動、ワ-プ航法、惑星間横断チュ-ブ、宇宙エレベ-タ-と、いろいろな言葉がSFには出てきた。インタ-ネットで世界がつながると、知識の拡大と生産が半端ないスピ-ドで進行する。立ち止まれない所に来たことを感じる。最先端の技術が人間にどんな影響を及ぼすかをしっかりと検証しないで、流行させ、世界に広げることはパンドラの箱を次々と開けることと同じだ。年代や性差を無視した技術は、心の発達段階に大きな支障を生み出さないという保証は全くない。

「ささやいてご」はできるだけおおきな声でみんなに注意してから「ご-」してほしい。ケ-タイやゲ-ム機の普及が社会不適応や依存など、多くの犠牲者を出していることも考えたい。その世界に行ってしまった生徒を救いたくても難しい。何百時間もかけておもしろさを作り出すゲ-ムクリエイタ-に、教師が束になってかかっても勝てるはずがない。引き戻す戦に負ける度に、心を病んだ生徒に何もできなかった無力感だけが残る。生徒指導の問題でなく、病気だと考えて一刻もはやい診断と家族を含めた全員の協力が必要だ。ゲ-ムに対する態度がおかしいと感じたら、早めに受診してほしい。のめり込むまで悪化したら確実に本人の社会性を奪ってしまう。ゲ-ムの中でしか生きられない。「ささやいてご」で起きることを予測すると、さらに抜け出せない世界が準備される。話題になっているVRはさらにたちが悪い。なにしろ「仮想現実」と訳されるくらいだ。もう現実とかわらない。迷子の呼び出しも届かないだろう。簡単に探せない。

きばっど  希望のかけらを集めて             2019.9.18

きばっど  希望のかけらを集めて             2019.9.18

朝が明けるまで泣きはらした夜も…で始まる「希望のかけら」を覚えていますか。ある世代から上には人気のある今井美樹さんのヒット曲です。あの福山さんも出ていたトレンディドラマの主題歌でした。そのフレ-ズと思いがけなく出会いました。第37回の体育祭のパンフレットの表紙を見たときです。手のひらにすくいあげているものが希望のかけらに見えたのです。若い作者はこの歌を知るはずもありません。

その表紙は両方の手で石か何かをすくいあげています。その手の中に花が一輪、凜と立ち上がっています。すくい上げた石の中に竹刀や優勝カップがあるのは体育祭を意識しているのでしょう。バトンパスの手は送り手と渡し手が描かれ、受け渡しの緊迫感を感じます。純白の鳥は友情の証、手首にしっかりと結ばれたリボンは各団の団結をこめて描かれています。仲間と集った母校育英館への愛情も校章として置かれています。

石のように見える一粒一粒は3年間の思い出、希望のかけらです。手のひらからあふれ出しそうな希望のかけらは、体育祭を経験して積み上げられていくのでしょう。そして、美しい花を支え、栄養となるものに違いありません。手のひらにまで根はのびています。3年間の年月はしっかりと根をはる花を育てました。どこにいこうとこの花はその場所で咲き誇ることでしょう。

この歌詞は「愛する人や友達が励ましてくれる 最後は自分で決めるもの」と人生の生き方を指向します。花が実をつければ、手のひらいっぱいにすくいあげたものをこぼすときが来るのかもしれません。どこにいこうと、同じように希望のかけらを拾い集めて、新しい自分を育てて、人は生きていくのだと思います。最後に自分が決めるのは手を空にするかどうかの決断なのかもしれません。希望のかけらはどこにでもあります。そう信じられるような気がします。

話は変わりますが、教育再生実行会議の第11次の提言にある「飛躍知を生み出すイノベ-タ-」は漢文の素養のあった湯川秀樹や多趣味で知られたロケットの糸川博士など、文系理系の枠をはみ出した発想や創造のできる人材をイメ-ジさせます。心理学や脳科学という「人」を知り、科学する分野では、歌詞の中にあるこのような心の動きさえも考えてみることが大切だと思います。単純ですが、人と人が同調してしまうのはなぜかを科学するわけです。

答えの一つとして、人間の考えることは同じだからです。赤ん坊の成長を観察して、それを教育に結びつけられないかと考えていくと、不思議とあの「エ-ミ-ル」と似た発想になります。昔から使われる表現ですが、「はえば立て、立てば歩けの親心」はこの名著にもあらわれる発達課題をずばりと言い当てた言葉です。そう考えると、私達の日常には希望のかけらも飛躍知のかけらもころがっているようです。

きばっど      今年の夏もジブリ          2019.9.3

きばっど      今年の夏もジブリ          2019.9.3

夏休みの後半には、テレビで子供向けのアニメが放映される。今年もジブリの作品が満載だ。朝の「なつぞら」でアニメ-タ-地位向上に奔走する若者が宮崎さんのモデルらしいと聞けばなおさら見たくなる。

今回は、いてもたってもいられないくらい、「ジブリ」を見たくなって、5月の連休に福岡まで出かけた。「みずほ」という新幹線に乗ると、熊本の次は福岡だった。駅弁人気1番という黒豚弁当を味わうひまもないくらい速い。

さて、今回のジブリ展は福岡市立美術館である。皆さんもご存じのように三鷹の森ジブリ美術館は要予約であり、なかなかそこまでは行けない。そこで、福岡ならGOという気持ちだった。7時2分に鹿児島中央を出発すれば、百道にある美術館開館は9時30分で、これなら楽勝だと考えた。ところが、8時18分博多着なのに、駅の迷路で迷い、地下鉄を使って西新まで移動して、どうにか8時50分には到着した。地元人はなれているのだろうが、駅前から美術館までの距離がわからない。とりあえず、バスに乗って福岡タワ-をめざす。タワ-に到着したのが9時15分、開館時間まで10分くらいはある。歩き始めると近い。高級マンションが林立する中を200メ-トルくらい歩くと美術館の敷地である。入口から人人人人の列で、展示物までの距離がかなり遠い。

ジブリ展の魅力は一枚の原画だった。宮崎駿監督がこんなものを作りたいという原画を描く。それがいろいろなものを生み出すから不思議だ。もちろん話のあらすじや人物、景色という絵が無数に描かれている。映画になると、インパクトのある宣伝文句も必要だ。それが次々に生み出されて形になっていく。そんな制作過程のメモやらスケッチが展示してある。台本もはんぱない。そしてなにより計画表に見とれる。この計画表も芸術だ。工程表とか進行表とかいうものだろう。スタッフの仕事が配置され、書き込みがされて、色とりどりの一枚の絵に見える。この映画の制作に携わった人々の姿が浮かんでくるようだ。トップの仕事は、はじまりにたった一枚の絵が描けるかどうかなのだろう。

オ-ムと呼ばれる虫の模型も展示してあった。風の谷のナウシカに出てくる空想の蟲である。原爆を使い、地球をほとんど住めなくした人間の過ちから生まれた。原作では戦車よりも大きく、何万匹も集まって行動するため、一度暴走したらだれもとめられないという設定であった。模型は縦が3メ-トル、長さは5メ-トルもある。堅い甲羅に覆われた質感もよく出ていた。腐海と呼ばれる汚染された土地の奇抜な植物や他の蟲といっしょに展示されていた。アニメの世界になじんでいるせいか。本物と感じてしまう。

現実よりも現実に近い世界を追求しようとするアニメは新しい考え方を模索する必要性を突きつける。どんな未来がやってくるにしろ、それはすべて私たちが作り出すものである責任は重い。