きばっど     ほめことばと心の距離        2019.12.25

きばっど     ほめことばと心の距離        2019.12.25

行く年の最後に生徒に声をかけるとしたら、それは「ほめことば」にしてほしい。今年一年いろいろなことがあったと語り初めて、「ずいぶん成長したね」「よくがんばったね。」という感じだ。まだまだ足りないところはあるにしてもその子なりの成長を認めてほしい、その上でほめたい。今年一年を振り返ると、有森裕子さんの話ではないが、自分で自分をほめたい一瞬がきっとあったはずだ。「その時間をもう一度思いだそう」という話をしてはどうだろう。生徒を活かす評価のできる教師とはそんな先生だ。「活かす」というのは、自己肯定感をもたせ、自分をよりよく変えていこうという意欲をかきたてることだ。正しい評価をしようと、数字にこだわりすぎて、意欲を欠いてはならない。

「数字の1にはドラマがあり、人がある」と先輩に教えられたものだ。担任に「この“1”はどういうことですか?」と確認する。1という数字は、欠課の1だったり、提出物忘れの回数だったり、一人っ子の1だったりする。1にこだわれば、生徒の顔が見えてくるし、評価も違ってくる。1を2にするのか、しないのか。1、2、3、そう変わっていくものかどうか。生徒の名前をつぶやけば、よいところを探そうとするはずだ。数字の1で終わってはならない。1年の終わりに、数字に新しいドラマを約束したい。まずは褒めることが生かす評価にきっとつながる。 1が一人になる瞬間だ。

心の距離がとれない生徒が多い。70センチという心理的な距離を値踏みしてみたい。学級でのつきあいは、50センチや30センチの場面もある。兄弟が少ない今は、同じ年齢の他人とこれほど近づくことはない。自分の領域に他人が入り込むとたまったものではない。親しい気持ちでかけた言葉が相手にはそうは伝われない。また、身体的な接触があればなおさら深刻になる。幼い頃からチ-ム活動の経験があれば気にしないが、経験のない生徒にとっては苦痛の連続だ。意識しないで人を傷つけている。足を踏んだ人は踏まれた人の痛みはあまりわからない。社交ダンスでパ-トナに足をふまれると悲惨だ。ピンホ-ルに50キロ体重がかかる。思わず、目から火花が出る。そのうち慣れるでは済まされない痛さだ。だから、生徒に心の距離をわかってほしい。学校は安心してその場にいることができる場所、自分の感覚で心の距離をつめてよい場所ではない。間違えば、ハリネズミ同士になる。傷つけあってもなぜだかわからない。たとえ、ハリがあっても、距離をうまく保てば、問題は深刻にならない。この心の距離を変えていく方法がある。それは一定の距離を保ちながら、おたがいを知る努力をすることだ。ほめることだ。感謝することだ。お互いが分かってくれば、心の距離は近づく。今年の最後の日には、周りの人へ感謝の言葉を伝えてみよう。

来年の始まりには心の距離もぐっと近づいているだろう

きばっど      今日の朝の話は3つ      2019.12.20

きばっど      今日の朝の話は3つ      2019.12.20

朝の打ち合わせの時、3つの話をする。今日は、クリスマスを意識して、賢者の贈り物、つながりを意識させる数直線的思考、学ぶ者だけが教える資格がある(めざす教師像から)の話をしてみた。

12月は人権週間があったりとか、歳末助け合いがあったりとか、人の権利や義務、思いやりについて考える機会が多い。人が優しくなろうと努めれば、優しくなれる季節なのかもしれない。守銭奴のクル-ゾ爺さんが現在、過去、未来の精霊と出会い、今までの自分の生き方を振り返る。もちろん、精霊のおかげで自分の悪行を悔い改め、クリスマスのすばらしさを知り、それをみんなに実行できる人になる。この「クリスマスキャロル」の話は実にうまくこの時期の人間の心理を描いている。年に一度はすべての人が善人であってよい季節だ。寒い時期にこそ心暖まる話をしようと、他人のためによい行いができる人に関わる話が多い。ぜひ、「賢者の贈り物」も生徒たちに語ってほしい。

12月と1月の間には何があるのだろう。時間の連続がある。1年の終わりの12月、そして始まりの1月は連続しており、けっして切れてはいない。少なくとも意識の上ではつながっていないといけない。ほとんどの手帳には前年12月が載っているし、もちろん、来年1月も載っている。つながりの時間を大切にしたい。スマップの歌う「夜空のムコウ」は、「夜空のムコウにはもう明日がまっている」となっている。整理整頓して12月を終わり、新しい気持ちで1月を始める。継続してやらないといけないことは断絶してはならない。

その意味では日記はツ-ルとして最高だ。数直線的な思考や意識はこれで作られるのかもしれない。10年日記とは言わないが、昨年の今を振り返ったり、来年の今日を話題したりする。それが1年の終わりと始まりのある冬休みにしかできない宿題なのかもしれない。生徒たちには多くの人と語り、自分の夢を確実なものにしてほしいし、また、過去を振り返り、成長を支えてもらったことに感謝もしてほしい。生徒だけでなく、先生たちも考えてほしい宿題だ。

学び続ける教師は、経験値を高めることだ。指導書のとおりやってもうまくいかない。しかし、やってみることは大切だ。時間が余ってしまう、足りないのはどうしておこるのか。そこを考えると授業の流れが違ってくる。つまり、自分化してはじめて本物になる。学び続けるとはそういうことだ。自分のものにして生徒と関わる。そうやって、自分のスタイルができていく。指導書のとおりとチャレンジすることが大切だ。失敗は大きな経験値となる。その意味で「恐れるのでなく乗り越えるために失敗する」のだ。成功する人に共通するのは、成功するまでけっしてあきらめないことだ。経験値は多くの解決方法を導くものなので、効率は悪いが、やってみることだ。できない課題はない、できまでやる課題だと信じて取り組もう。

きばっど    研究会に参加した後は(2)        2019.12.13

きばっど    研究会に参加した後は(2)        2019.12.13

「本時の実際」は、時間の流れや発問など、実際活用する立場でみると実におもしろい。同じ教材の10分でやれるところに20分かけている指導案だとする。まず、10分の時間に見合う活動なのかどうかの考察からはじまり、その活動の深まりやゴ-ルを考えてみると実にいろいろなことが見えてくる。自分ならどう授業するの視点が大切なところだ。同じ課題でも生徒の実態でかわるので、本時の活動がアンケ-ト分析とリンクしているかどうかをみることも研究になる。いつまでみてもおもしろい。

さて、生徒の躓きが予想され、それを解決する手立てが書かれている指導案は使える。ゆさぶり発問が明確だったり、評価基準がよくわかったりと、研究会のテ-マとリンクしているはずだ。生徒と教師のやりとりを見る視点もここにある。大事なのは、参観者に見てほしいが伝わる指導案になっているかどうかだ。そんな指導案に出会えると、研究公開を見に行きたくなる。ぜひ、指導案は授業前に配布してほしい。

次に授業資料として添付されるワ-クシ-トだが、先生の解説や指示が明確でないと使えないようでは困る。このワ-クシ-トは授業のどの部分で活用されるのか、空欄で書き込めるようになったものがつけられているが、正確には埋められたものと2種類必要だ。できれば、他のクラスの生徒が書いたものだとさらによい。国語科の話で恐縮だが、「読む書く聞く話す」の技能のどれをねらうのかと質問すると、ほとんどは書くと話すからはじまり読むも聞くもだと答えが返ってくる。ワ-クシ-トのどこの部分でどうすると、考えると、あまり複雑なものはいかがなものか。生徒の読むや書くのスピ-ドや個人差に応じる工夫はしてほしい。

指導案の作成のねらいを裏付けるために、国語科でいうと、あらすじ構造や文図も提供される。どんな意図で作られ、授業にどう関わるものなのか解説してほしい。人物の関係図なら、その人物のまわりに関わる叙述を書き出したり、その表現の意味をまとめたり、重要な語句を囲んで明確にしておくことが必要である。すっきりした板書と同じですっきりした資料を提示したい。

研究会に行き、学校に帰り、ほっとする前に授業を見ながら書いたメモを見返して、文章化しよう。授業後研究会に出席できたら指導者の言葉も思いだそう。授業者の意図が参観者に伝わったのか。そして、どんな意見が出たのか。会の様子を自分なりに整理しておこう。授業だけ見たら、同僚に感想を語ってみよう。自分がどこを見ていたのかを再認識することになる。この一手間が授業を見る目を育てる。コ-ヒ-一杯の時間が次の授業づくりの何時間分にもなるはすだ。

 

きばっど     研究会に参加した後は         2019.12.12

きばっど     研究会に参加した後は         2019.12.12

研究会に参加した後の話をしよう。だれもが研修意欲は高まり、参加した授業をみて、まねしようと考える。ところが、実際その教材を取り扱う頃になると、気持ちは失せて、何のために研究会にいったのかとなりやすい。また、自分なりに見たものをアレンジできずに、力不足の悔しさで歯ぎしりをする。

そんなあなたへ 研究会の資料をどう活用するかというおいしい話をしよう。まず、指導技術というものは明日からの授業に活かすことができる。授業をみたら、すくなからず影響を受けるので、その意味では、研究会に行ったことは無駄でない。話し方や板書などはまねできるだろう。二者択一やクロ-ズの発問でなく、オ-プンの発問を多くするとかはそんなに難しくない。また、心情曲線や人物関係図などは積極的にまねしてみたい。

授業技術でマネしたくなるベスト3は、発問、指示の言語的なもの、次に板書やプリントの配布物、そして、工夫された教具である。発問や指示は指導計画や本時案に書かれているものよりも、補助的に、臨機応変に飛び出すものがおもしろい。たくさんはムリなので1つだけは持ち帰ろう。生徒への切り返しがうまい教師ならここは必見である。次に当日配布される資料は、授業者がよく研究した成果なので、ぜひ活用してみたい。同じ授業場面なら好都合だが、違う場面なら作成のねらいをくみ取って、マネして作成すればよい。新しい教材の研究にもなるし、指導者の思いや考えに近づき、新たな発見もできる。最後に工夫された教具、これこそが教師の楽しみである。研究会で見たものよりもっとよいものを開発したい。授業者の上をいくぞの心意気である。

さて、購入した研究冊子の中に掲載された指導案は、まるまま使うのはなかなか大変である。ぜひ、パ-ツごとに活用しよう。とりわけ、教材研究にもとづいて書かれたねらいや意義の部分は、自分の指導案を書くときにつかえる。研究冊子は捨てないで必要に応じてバラバラにしよう。教材の関連や年齢的な発達の考察、また、アンケ-トなどは自分が研究授業する際には、ねらいを決めてアレンジすればよい。0から指導案を作るより数段早い。国語科でいうと、アンケ-トも教材文種ごとに集めておくとかなり重宝する。

次に指導計画だが、指導書をどう活用したかがわかるものが多い。授業研究に役立つように、指導計画を必要最低限にわかりやすく抜粋してある方法は見習いたい。また、自主編成した単元で書かれた指導計画はレアものだから、捨てたりしないで、興味深く見てほしい。新しい発想や工夫があふれていることがある。本時にしぼって、自分ならどうすると別案を考えてみても面白い。本時の位置づけはどこなのかを考え、時間配分も重要だし、年間のまとめなのか、それとも学年の始まりかによっても違う。

きばっど   アイディアスケッチシ-ト        2019.12.6

きばっど   アイディアスケッチシ-ト        2019.12.6

学力向上は楽しい授業づくりからである。教師も生徒も楽しくないと学力は向上しない。生徒たちにどこが重要なのかをわかってもらう工夫をしてみたい。音声言語では定着しにくいので、文字言語ということになる。

この時間はこれが大事を明確にしてあげることが第一だ。教師もその言葉をゴ-ルに授業を展開すればよい。多くを期待しないで、心配なら3つまでは教えてよいとしよう。こちらにも相当な覚悟がいる。3つしか教えないと決めるとそれを確実に教えようとする。そんな授業をぜひ構築できないかという提案である。まずは「育英館ポイント」の「IP」を黒板に掲示してほしい。逆三角形、横文字、色つきを提案したが、同じねらいの先生方オリジナルで結構である。教えるポイントをしぼる。生徒に重要語句を意識させる。授業のポイントは何か、重要語句とは何かをわかってくれば、いつでもやめてよい。ぜひ、そこにいたるまでの間、IPを貼りながら教師、生徒で重要語句を意識してほしい。

次が考えるためのシ-トづくりである。いろいろな思考を助けるシ-トを開発してほしい。重要語句のまわりに言葉を書き出すことで課題をより明確にし、新しい発想へとつなげるものである。はじめは語群をあげるなど、指導者の意図を反映させてよい。指導者は進め方やゴ-ルを示し、シ-トに書き出させたら、関連づけや具体的な方策を考えさせる時間を十分にとりたい。

次の語句を関係あるキ-ワ-ドのまわりに書いて、さらに自分の授業を充実させるてだてを考えなさい。

語群 授業中、放課後 ふりかえり 注意し合う 3つ どこかに設定 時間を守る 私語をしない 全教科活用 コンテンツ配信 かねてから確認する 番組表