iPad・ICT

本校はClassiを導入しています!

 Classiとはベネッセコーポレーションとソフトバンクが共同開発した、学習支援ソフトのことです。
 生徒の宿題などはタブレット上に配布され提出も送信ボタン一つで完了します。また授業中の小テストももちろんiPadで行います。
 そのほかにも、授業動画を閲覧して予習に役立てたり、分からないことは先生にメッセージで質問することもできます。
 進研模試とも連動していますので、模試の結果や判定もデジタル上ですぐに確認できます。

 鹿児島育英館高校では、入学者に対し、iPadを生徒一人ひとりに一台ずつプレゼントしております。もちろん最新型の機種を毎年購入し、新品をお渡ししており、卒業後は自分のものになります。(在学中も自宅に持ち帰り自由に使用できます。ただしインターネットはwifi環境下でのみ使用可能です)このiPadを使って授業を行うのが本校の特徴です。

 本校では各フロアにwi-fi機器を設置し、校舎内ではインターネットにすぐに接続できる環境が整っています。生徒は授業で使用するアプリをダウンロードし、ゲーム感覚で勉強をすることができ、また科目によっては勉強効率も飛躍的にアップします。具体的な例では英語によるスピーチやコミュニケーション能力を鍛えるため、または発表用に資料作成など多岐にわたります。中にはiPadに話しかけて発音をチェックするアプリもあります。他教科も、デジタル教科書を使用し、イメージのわきにくい数学のグラフや図形的なものまで、映像で学ぶことができ、生徒たちには大好評です。

 これからデジタル化の世の中に変化する中で、いかに効率よく勉強できるかが受験を乗り切る鍵ではないでしょうか?