校長室だより

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理人のブログです。

ブログ

頼まれごとは試されごと          H29.11.8

きばっど育英館    頼まれごとは試されごと          H29.11.8

中村文昭さんの講演は、生徒たちに大きな感動を与えた。高校生の感想を読ませてもらったが、心のスイッチが入ったり、人間力にあこがれたりと生徒たちの素直な気持ちが伝わってきた。中には、人からものを頼まれたとき、できない理由を並べたり、不満な態度で取り組んだりしているのは、自分ではないかと自問した生徒もいた。

教師になろうと決めた時、母から反対された。理由は「教師は他人のために生きる仕事であり、その見返りを求めてはならない。そして、生徒自身の人生に関わりたいと思うほど、限界を知ることになる」であった。今、考えると、その覚悟や責任があるかという意味だったと思う。大学を出てすぐ教師になれたから比較するものもない。ただ、「先」に「生」まれた人に終わりたくないとは思っていた。

だから、生徒から見られている意識を常にもち、担当した場で困難や課題が出てきたら、見せるチャンスだと思って取り組んだ。転んだり、ケガをしたりもあったが、けっして逃げないでがんばれた。くじけそうなときに陰から「先生」と励まして呼んでくれた多くの人の支えには今も感謝している。

そのときその瞬間を精一杯生きていくのだが、失敗をしないようにと生きる人生はつまらない。いつまでも後悔の雪だるまを大きくしながら生きることになるだろう。今の世の中、リスクだらけ、回避しようなんて到底無理だ。そうであればいっそのこと、リスクとつきあうことだ。逃げないで立ち向かうほうが先生らしい。楽しいはずに決まっている。先生は見られている。そんな生徒の手前、無理する場面も必要だ。

ちょっと違うが、病気とも上手につきあって生きることだ。人間ドックの判定もいつのまにか、Aはなくなり、BBCやCCBとなる。しかし、まだLEDにはならないと明るく(?)開き直る。病気とのつきあいかたも上手になる。若いころは病気を直さないと気がすまなかった人も、だいたいの状態が保てればよいと変わる。心の持ち方がその人の健康観を変える。健康なのにあちらこちらが悪いと考える人よりはずっと幸せだと思う。ただし、程度問題で、手遅れになるまでほっておくではない。

「心のスイッチの話がおもしろかった」と書いた生徒も多かった。心のスイッチとは、どんな時に入るのだろうか。中村さんは師匠と出会った時だった。自覚できて変わることができれば幸せだが、「あれだったのにダメ」では残念な話で終わる。中村さんはよい出会いを活かし、成功した。しかし、特別に心配なクラスの中村青年に「学校に来い」と言ってやりたかった。本人が来るならいつでも来いと待ってやれる。それが先生だ。いつも「おまえたちの担任の先生だ」と声に出してほしい。中村さんも、もうひとつ前の出会いで活かされたはずだ。

人との出会いは確かにその人を成長させている。また、人との別れも人を豊かにする。人生のおもしろさはそれを活かす人もいれば、できない人もあるということだ。どちらがよいか悪いかよりも幸せかどうかだ。建学の精神の「実利を図り」はなかなか説明しにくい。自分と他人との関係を考えると、自分が出会う人との関係をしっかりと発展させること、それこそが「実利を図る」となるような気がしてならない。

授業の達人               H29.11.24

きばっど育英館     授業の達人               H29.11.24

生徒集会で話をさせてもらった。12月がやってくるが、君たちは何をどう締めくくるのかという話だった。この言葉は「締める」と「括る」のふたつの動詞からできた複合動詞である。「~を締めくくる」と使うので、目的語を必要とする他動詞である。つまり、働きかける対象がある。授業だって1時間ごとに締めくくる必要がある。よい授業にもこの「締めくくる」が必要だという話をしたい。

よい授業を考える時、目標、山場、まとめが話題になる。授業参観をするとき、大切なのは、まず目標が書かれているどうかである。つまり、今日学習しようとする単位が教師、生徒に分かっているかである。次に生徒たちの協働的な学習が授業の中に位置付けられているかである。「教え合う」という行動は学習効果を格段に上げ、授業への参加や貢献を生徒自身が意識する。授業がうまいといわれる教師は生徒の使い方がうまい。そして最後に、まとめや振り返りがなされているかである。つまり、締めくくりがあるかどうかだ。教師が教えてばかりの授業はおもしろくない。生徒自らが学ぼうと考えはじめると、授業は成功だ。それには、今日の授業を振り返させる一言が大切だ。この一言を聞けば、どの程度の授業力の持ち主かがわかる。これこそが、授業の楽しさであり、最後になんと言おうかを考えるとわくわくする。

禅問答に聞こえるが、上手な指導者は必ず、この一言を用意しているものだ。ペップト-クでもあり、新しい課題を考えさせるなぞかけでもあり、授業の種明かしでもあり、形はいろいろだが、挑戦しても楽しい「最後の一言」である。古くは水戸黄門の「この印籠が目に入らぬか」である。これで前半30分が一挙に巻き戻される。なにしろ、越後のちりめん問屋のじいさんの行動だと気にしなかった一連の話がなんとまあ、そんなに偉い人だったのかと、アハッと脳が活性化する。近頃はドラマの終わりにも、5~6枚の写真がちりばめられる。まさに1時間のふりかえりと次回への意欲付けである。エンディングコ-ルや予告編などの形をとり、近頃テレビでも多用されている。映画も例にもれず、予想だにしないところに次回作の冒頭を入れたりする。

育英館の先生方の腕をさらに上げるために、近頃はやりのこの手法をぜひ活用してほしい。授業のよい場面を5~6か所取り上げて、今日のまとめをしたい。定着率、次回への意欲付けにはかなり効果があると思う。取り上げる場面やそこでの一言を考えるだけでも、授業の楽しみは増し、教師の力も伸びる。ぜひお願いしたい。

学級日誌は生徒の反応の宝庫である。中村文昭さんの話の翌日は、感動のオンパレ-ド、そして、高杉晋作の劇、無言作業、テスト対策等と読ませてもらった。その中に、授業の感想に「話し合う」、「まとめを書く」、「理由を考えた」と授業タイプが変わりつつあることを感じさせる表現を見かける。新しい学力は生徒の変容で身についたかどうかを判断するべきだ。考えるスキルが身につけば、しめたものだ。「教育は人なり」の言葉通りで、どんなに機器が発達しても人間の行う働きかけにまさるものはない。授業の達人とは本当にシンプルなこと(学ぶ気にさせる)ができることなのかもしれない。

好きな言葉を英語にすると…          H29.11.17

きばっど育英館   好きな言葉を英語にすると…          H29.11.17

英語に訳してみると、日本語が深まるという体験をすることがある。日本語には言霊があり、口に出すとそれが実現する国と信じられたのはずいぶん古い話である。古今集の前書きと言われる部分には、その効用がいろいろと述べられている。私たちは言葉の大切さを知る国民と言ってもよいだろう。書き出しの文との関係がよく見えないので、補足すると、日本語と英語を比較すると、日本語で表現したいことが明確になるという体験だ。

英語よりわかりやすい例として、各地域にある方言との比較を考えてみたい。奄美に初めて赴任した時、「まあじん」という言葉を聞いた。「いっしょに」という意味だった。初めて聞いたら「ばあじん」と聞こえた。その後も、しばしば、この「ばあじん」とどきっとしながらも、奉仕作業だったり、飲み方だったりとみんなと楽しく「いっしょに」ができた。

また、「きょら」という言葉は、今でも素敵な響きだと思っている。最初聞いたときの感動を昨日のことのように覚えている。言葉の意味は、「美しい」であり、「きょらしま」とか、「きょら○○」と使われていた。これが「きょらも」と発音されると、「美人」になる。「も」より「むん」に近い発音だ。奄美新民謡レーザ-ディスクには必ずこの「きょらも」が出演していた。奄美の方言には母音が7つくらいありそうだ。韓国や中国でもない言葉だが、新しい言葉の発見で、わくわくした。英語だってきっと同じだ。そう思って字幕のスクリ-ンを楽しんでいる。

生活目標や日々の連絡を英語で表現すると仮定して、生徒の理解力はどの程度なのだろうか。中1特進コ-スがインタビュ―に来たので、英語で答えてみた。聞き取りは十分できる。私のけっして発音がよいとは言えない英語を聞き取る。考えてみると、

朝のリスニングの成果である。語学習得では耳を育てることは欠かせない。素地はできているので、あとはチャンスを与えたい。時間設定をして、生徒会連絡、ミニの意見発表などを実現させたい。英語弁論大会の進行、感想まですべて生徒の英語でやるのはどうだろうか。講評は卒業生(大学生)に英語でやってもらう。

「英語の育英館」であれば、もっと英語を日常化したい。交流した学校のニュ-スも掲示したいし、お世話になったホ-ムスティ先とのやりとりも紹介したい。中村文昭さんではないが、出会いを活かさない手はない。「好きな言葉は何ですか」と中1の特進コ-スの質問は続く。私の好きな言葉は「我逢人」である。そして、その「人」は先生でなければならないと思う。先生にかけてもらった言葉が忘れられないという話は本当に多い。その先生からかけてもらった言葉を英訳して集めてみたい。自分を励ました言葉を場面まできちんと設定して思い出そう…である。こんな取組を生徒にさせてみたい。まずはその言葉、そして物語をつくる。けっこうな物語になるだろう。形式は古典で学習する歌物語に似せるとおもしろい。活かせた出会いも活かせなかった出会いもスポットをあてて書き起こせば、「英語の育英館」が自慢できる小冊子になるにちがいない。題名は決まっている。「Thank you for everything」

ゲ-ム迷子              H29.11.30

きばっど育英館       ゲ-ム迷子              H29.11.30

学校に行けない生徒がゲ-ムに夢中。こんな話は今の世の中どこにでもある。それではどんな-ムにはまっているのか。みなさん、ご存じなのだろうか。私もけっこうゲ-ムは好きだった。「ストリ-トファイタ-」に代表される対戦ゲ-ムはよくやったが、別世界に迷い込んだようなロ-ルプレイものは今一つ好きになれなかった。このゲームが多量に出回る現在は、ゲ-ム迷子になる多くの危険がある。

「アバタ-」という映画を見た時、こんな世界に自分も行けばスーパ-マンになれると思った。まさに今のゲ-ムはこの世界である。画像のリアルさもすごいが、仮想世界の現実感がなぜか半端でない。この中に迷い込んだら自分もたぶん帰ってはこれない。精神的に未熟だったり、現実世界から逃避したいと考える者や、現実世界で負け組だった自分を取り戻したいと考える者、たぶんその入り口はいろいろであろう。ドアの鍵がないので、簡単にこの世界に入ることができる。しかし、いったん、入ってしまうと、現実世界と同じである。そこには生があり、死があり、恋があり、家族がある。チ-ムなり、グル-プでゲ-ムに参加すると、しがらみや人情まで発生する。なかなか断れないとなると、仮想と言えるかどうかもふくめて、心が迷子になってしまう。ゲ-ムを壊せばよいと簡単にいうが、ゲームの中で確かな存在感を持ち出すと、その喪失感に押しつぶされる。本当にすごいものができたものだ。

中学生のころ読んだSFの世界がそこに無限に広がっている。国語の先生に注意される危険も顧みずにハマッタ「火星シリ-ズ」、火星が地球に接近するある夜、南北戦争で活躍する大尉、ジョン・カ-タ-が火星へと転移する。重力の軽いそこでは、地球人の彼はス-パ-マンであり、重いものを軽々ともちあげたり、跳躍すれば丘を一跨ぎである。悪い怪物を退治して、王女ソリスを助け、火星の王となる。彼の子供たちも金星で父親顔負けの活躍をする。それが、「金星シリ-ズ」として、SF世界は続く。一時期、夜も寝ないでジョン・カ-タ-になりきっていた。想像するから、授業中だろうが、どこでもなれるわけだが、まだまだ、現実へ帰れなくなることはなかった。帰れない点で、今のゲ-ムの完成度の高さとその危険性をもっと意識するべきだろう。私たちにもう一つの世界が存在することはない。しかし、今、生きているこの世界こそ自分がいる世界とどれだけ自信をもっていえるだろうか。こんな迷子を引き戻す手立てはあるのだろうか。そんな迷子を迎えにいくためには、自らが勇者となり、アイテムを携えて参加することも必要なのだろうか。ここまでくれば、ゲ-ム世界にも神様がいて、たまにはこんな迷子を現実世界へ追い返してくれないだろうか。

狩人となり、恐竜を殺し、生きていく世界に没入した者が、現実世界でも狩りを継続しない保証はない。確かに脳はだまされる。「空想だ」と「夢だ」と割り切れているうちはよい。プラトニックでは満足できなくなる。だまされ続けた脳がどこで暴走するかわからない。狩りをどこでも行うなんてことになれば、それは大変な事件に発展する。ゲームの中で迷子になっている若者を一刻も早く救うべきだ。ゲームの世界にない美しいものを見つけ、ふれあい、出会ってほしい。

道徳と特別活動の必要性           H29.10.14

きばっど育英館   道徳と特別活動の必要性           H29.10.14

学級担任になると、教科の担当から自分の学級の授業への取組がよくないと聞くたびに、生徒への語りかけの時間がほしいと考えたものだった。担任として、1年間かけて学級を育てていくのだが、毎年、同じように指導を続けても学級には個性があり、思うように育たない。ある意味、なかなか大変だった。よく考えてみると、成長に合わせて、教師のかかわりも1年を通して変わる。3月になり、先生がいちいち指導するような学級は、成長したとは到底いえない。独り立ちできるように学級を育てたい。

まず、学級とのかかわりは4月の学級開きからスタ-トする。ここで、教師のねらいを学年の発達段階にあわせて伝えておきたい。最初から翌年の3月のゴ-ルの姿をしっかりと意識させることも必要だ。そのためには、年間指導計画に基づき、しっかりとやりとげることだ。特別活動の中にある学級の活動は、学校生活への適応や自分を見つめる進路学習、そして、よりよい学校生活をめざすという話合い等で構成されている。先ほどのように、朝や帰りの学級活動で担任の思いを語るのだが、発達段階やその時期でこれはどうしても必要であるというものを取り上げる。担任の適時の語りが横糸で、教材配列の指導が経糸だ。学級をよく見ている担任が、道徳、特別活動行う理由がそこにある。学級を見ていない担任では、ピントはずれの時間を指導してしまう。レクリエーションの名のもとに大切な道徳の時間が使われたこともあった。

学級活動が学校生活の充実を考えるとき、人生をよりよく生きるためには道徳的な価値はぜひ必要だ。価値を学習する上で、中学校時代は、第二成長期、疾風怒濤の時代、また、自我の発達等のどれをとっても最高のタイミングである。生徒は自分なりの価値観をもち、日々の行動を起こしている。しかし、その価値は稚拙だったり。弱かったり。また、一部を知るのみである。それでも、彼らは可能性に満ちた未熟者である。社会人として、健全な社会生活を送り、また、建設的な社会構成の一員なるには、現在の自分のもつ価値について気づき、考えることが大切である。自分の価値の脆弱さや偏りを自覚させること、そして、それを強化し、普遍的なものとしていくのが授業であり、特設された道徳の時間である。

徳目は24項目あるが、一律に扱うものではない。本校のように建学の精神あり、生徒指導の3本柱あり、という学校では、礼儀とか、心配りに関わる徳目は、その根拠や価値の強化で終ってよい。しかし、体育コ-スを含め、ライバルとしのぎけずる場合を想定すると、誠実、フェアプレイ、友情などは、試合前に教えておきたい。また、学級の雰囲気でいじめやからかいがおきやすいと感じれば、言葉づかいや思いやりから学級活動と道徳の両方で取り上げるべきだろう。具体的なアプロ-チをどのくらいするのかの知と情のバランスも担任が扱うから可能だ。

建学の精神の「道義」は、ぜひ、道徳の授業でも取り上げてほしい。人の生き方あり方を考える時、「道義に徹する」はすばらしい言葉だ。「道義」とは、「人としての道を行う」ことで、「徹する」と「これをひたすら守ろう」とすれば、人として恥ずかしくないは当然だ。道徳の中核である。