校長室だより

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理人のブログです。

ブログ

常に英才たれ        山小屋に降る雨        2019.6.8

常に英才たれ        山小屋に降る雨        2019.6.8

いつのころかは忘れたが。地学か何かの水の循環の話の続きで聞いたと記憶している。若い時の勇気ある選択は人生後半に大きな成果をもたらすという内容だ。水の循環と関係づけて話された理科の先生はすごい。その話はこうだ。ロッキ-山脈の頂上付近に登山者のための山小屋がある。何年も前からそこにあるのかさだかでない。その山小屋に降る雨を見ていてこう思ったと話は続く。

雨を見るこの人はわずか数センチの違いが実に大きな違いとなるのではないだろうかと思い当たる。左の屋根に落ちる雨粒はその屋根から左の屋根づたいに地面へと落ちていく。そのまま地下の覆水へしみこむ。そして、アメリカ大陸の内部の川へと流れていく。右も同じように滴り、地下へ、そして、サンフランシコのある西海岸の一つの川の水となる。実に壮大な話だ。

自分がこの雨粒だとしたら、若い日に自分が経験した選択に思い至ることがある。勇気を出して選択した進路が今の自分を作っている。あのとき、あの高校を選んだことが、あたかもこの雨粒のように大きなる違いになった。数センチの違いが数万キロの差になっていると考えたという話である。思うところ、有名な哲学者の随想をわれわれ高校生に紹介されたのだろう。

結論を急ごう。自分の決断が正しかった。自分は人と違う景色をたくさん見ることができた。それは自分の選択である。違う景色を見たことは自分の人間としての幅を広げたり、自己肯定感や自立心を育ててくれたと話は終わる。

もう一つ似たような話をしよう。ここに高価な宝石がある。仕事についたばかりの若い人は買いたくても買えないものだ。そこで2つの選択がある。ロ-ンを使ってでも買うという選択、今はお金がないので買わないという選択だ。ここでムリして買ってみよう。自分の給料の数カ月分くらいの買い物だ。大事にしないわけがない。当然、若い人はその宝石にふさわしい人になろうと努力することになる。服装や言葉遣いにも気を使い、自分を磨こうと努力もする。その人の生き方が変われば、どれほど高価な宝石よりもすばらしい。宝石への思いがその人を成長させてふさわしい人に育ててくれる。

これらの話は「未来への投資を大切にする」という教訓だ。一つのことに3年打ち込めば、それなりの成果がある。さらに打ち込めば、成果はもちろん、自分自身が変わったことがわかる。10年もすれば他の人に教えられるようなその道のプロになれる。まずは3年である。変われると信じてがんばれば本当に変わるから人は不思議だ。有名な詩の「僕の前に道はできる」はまんざらうそではない。1年生は育英館に来て2か月、変わった景色を見ただろうか。先輩たちと同じように、その景色を見ることで、人は変わっていける、成長していけることを信じてほしい。急には変われなくても君は必ず変わっていける。

常に英才たれ なぜ学ぶも大切だが、どう学ぶかも大切   2019.6.17

常に英才たれ なぜ学ぶも大切だが、どう学ぶかも大切   2019.6.17

化学の授業で「液体の沸点が気圧に関係する」という話があった。ここで「つなげる」を持ち出すと、遠足でいった川内原発の冷却水の話とつながる。原子炉容器内では気圧があげてあるので水は沸騰しない。それで効率よく冷却できるという部分である。

新しい社会の到来への準備として、すべての学習知をどうつなげるかが、今後の日本の教育では大きな課題となる。単線的な学びではとうていこれからの社会を生きることはできない。時には複合的、横断的、立体的な学びを試行することが大切だ。

化学の授業参観で「加圧水」が頭をよぎった話である。気圧つながりで悪いが、よく天気が悪くなると頭が痛いというのは、気圧変化を敏感に感じる内耳による自律神経の高ぶりから起こる。お天気痛を防止するには、この原理を応用して内耳に刺激を与えないことだ。耳栓一つで改善できる。純粋の水よりも材料の入った味噌汁が熱いのも沸点上昇を考えれば納得できる。理科のおもしろさは生活と結びつくから面白い。

じゃ数学はどうなるのかというと計算ほど明確に未来を予測できるものはない。預金の金利が低いと未来へ期待がもてなし、老後の資金2000万も数字としてインパクトが強い。身の回りの自然や生活を数字化できないかという話である。トンボやアメンボウの航跡をグラフ化しようと考えると、障害物を予知してどちらに進路を変更するかは、けっこう直線的な感じがする。Xの変域が決まれば、ある地点から変更点までのグラフは書けるし、そこから次の変更点までの軌跡も書けそうだ。個体の軌跡を数多く重ねていくと、ほぼ同じ飛び方をすることがわかる。これらの統計がとれると、変更点でまちぶせて、確保ということも可能である。同じように「チョウの飛ぶ道」も予想可能だそうだ。これも統計学のなせる技に違いない。チョウは日向と日陰の境を見つけて飛ぶらしい。そうなるとチョウを何度も観察する人は、結果として数学的な思考による発見と似たものを手にしていることになる。

これらはすべて人間の脳の働きによる。脳には文系理系はない。課題解決のために動いている。脳は抽象的な思考を得意とするので、肉体を離れて働くこともしばしばある。ある問題ができない判断すると体が動かない。見た目が少し不安定でぐらぐらするつりばしがある。渡らないといけないがこわい。こういう時、脳は否定の判断を下す。原則的に生命維持や痛い経験を優先する。ところが「安全渡れます」と書いた立て札があれば、躊躇なく渡ろうとする。立て札が読めなかったり、別の言語で書かれたらどうなのだろうか。脳を活性化するためには、まず「始めること」だ。「行動の中から知恵が出る」は脳の特性をうまく言い当てている。まずは動いてみよう。

きばっど     心ってどこに              2019.6.21

きばっど     心ってどこに              2019.6.21

絵本はいろいろなことを考えさせてくれる。幼い子でもわかるようにと書かれた本であるが、大人にもいろいろなことを教えてくれるから不思議だ。

「こころってどこにあるのでしょう?こんのひとみさん作」の言葉を羅列してみた。もちろん、挿絵や言葉があるのだが、語句(全部重要だが)を独断と偏見で好きなように抜き出してみた。以下本文である。(一部省略)

 

ほっぺたにある  まっかになる  好きな人に会うと

むねにある どきどきする

あたまにある かんがえるといたくなる

 

おなかにある  いたくなる いやなことがあると

しっぽにある うごく

みみにある てにある

 

あしにある

めにある なみだにある

くちにある こえにある

 

心って本当にすごい からだじゅうにある

うれしいことがあると からだじゅうの心がよろこんでいる

 

ことばだけで実に考えてもおもしろい。前の3行は自分のからだの中で反応する部分をとらえている。次の3行はかわいい動物の挿絵といっしょに書かれた部分である。その動物の様子を見ながら考えると、どこにあるかの話に不思議と納得がいく。おなかがたぬき、しっぽは犬、みみはうさぎ 小動物の手の絵、子供の足の絵と連なり、また、自分の体にもどっていく。

絵本だから絵がメッセ-ジの大きな割合を占めるのだが、このおなかにあるはたぬきでなく人間でもよく思い当たる。難しい説明だと自律神経や交感神経などの話になる。「心ってからだのあちこちにある」と思えるのはなんとなくわかる。体験的に理解できる。心がころころしてつかめないとか、心は変わりやすいとか、当たり前のことである。ただ、どこにあるのかなと考えて、「からだじゅうにある」というこの本の結論がおもしろい。心と体は違うようで同じ、うれしい時はからだじゅうでうれしいという感覚は子供だけのものだろうか。大人になっても小さな感動でもからだじゅうの心で喜びたいものだ。

きばっど   実習生を見ると思い出すこと        2019.6.14

きばっど   実習生を見ると思い出すこと        2019.6.14

学校の6月は実習の季節だ。教師の卵が大学から母校に実習にやってくる。何十年も前の話だが、授業を初めてやった時は黒板を背にする重さをひしひしと感じた。大学3年生の秋、わくわくどきどきで伊敷中に立った。国語の授業は指導の先生がいてそのとおりにやるものとばかり思っていた。

教科主任から指導教諭のケガで4週間の実習のうち、2週間は教材研究と聞かされた。ところが、先生の復帰がさらに遅れるという話になり、2週目からはいきなり授業をする羽目になった。家庭教師を経験しても40名に教えるのは素人である。教科主任も「まあ好きにやりなさい」というのどかな時代である。しかし、生徒はまってくれない。とにかくやらなければの実習だった。

そんな実習の中で試行錯誤して身につけたものがある。思い返しても面白い。その一つが「時計型の丸い指導案」である。けっこう汎用性があると思う。授業をうまくいかせる技として紹介しておきたい。まず、白い紙に円を描く。そして、授業の時間が10時30分から11時20分の50分だとすると、時計の長針を意識して、5分刻みで円周に印をつける。そして、30分のスタ-トから25分の終了を円周に書き込む。その時刻に発言する発問や板書する事項を書く。導入、展開、終末にかける時間配分がわかるように、円を分割する。この指導案なら、どんなに舞い上がっても時間を見失うことなく、授業を進められる。腕時計を外して指導案の中心におくとさらに見やすくなる。

次が「逆三角形に構造化された板書」である。板書計画は重要語句で絵を描くイメ-ジで作成する。重要語句を各頂点においた逆三角の図形を書く。これらの語句の間に関係する語句を配置して板書を詳しくしていく。板書する順番が大切なので左肩には番号を書く。だいたいのコンテを作成しておき、生徒の発表を優先して柔軟化に順番を入れ替える。さて、重要語句同士をいろいろな線で結んで図を完成させていく。できれば、完成の板書は円になるように、語句を取り上げ、配置していきたい。生徒に書かせてみるのもおもしろい。認識の深まりとなるように進めていくのに都合がよい板書だ。生徒の書き込みが自由に配置できるので、自己肯定感も高まる。

次は心構えになるが、「たった一つ教える」である。教材研究するとあれもこれもと教えたくなる。あれもこれもと授業でよくばると、あれもこれも身につかない。1時間に一つという気持ちで授業をしなさいという話である。たっぷり教材研究して、たった一つ教える。どんなに欲張っても教えても生徒が自分なりに理解したことだけしか残らない。

若い日の実習で気づかされたこれらには授業の本質があると今も思える。だから、教育実習のころには、生徒主体の授業はどうあるべきかとあのころにもどって考えてしまうのだろう。

きばっど      オンザスボット            2019.6.7

きばっど      オンザスボット            2019.6.7

日本語に訳すと、「時の人」という表現らしい。読んでそのまま、スポットライトをあてるということを考えてみたい。演劇の一場面でこの人物が中心ということはだれでもわかる。そこにわざわざスポットをあてるという考え方もあるだろう。主役だからこそスポットライトをどこからあてるのかと考えてはどうだろうか。どんな光にするかも考えてみよう。演劇の話ではあるが、授業に置き換えると、どれもが自分をブレゼンする能力の話になる。

顔を輝かせるために、表面に光を意識した加工がなされている阿弥陀如来の仏像があるという話に驚いた。神々しさを表す光が本体にさりげなく準備される。その技法を現代によみがえらせようと、ある仏師のチャレンジする姿をテレビが放映していた。この挑戦には頭が下がる思いだ。客観的に見る立場であるが、それがどれほど難しい技かも驚いた。その話は後に述べたい。昔の人はなんとうまくスポットをあてたのだろう。

画期的な光をデザインする考えがそこに存在している。仏像自体は金箔に覆われて光っているように見える。それだけではない。仏像の表面にほどこされたミリ単位の技に秘密がある。よほど注意深く見ないとわからない。それは放射線状に描かれた文様と亀の甲羅を模した文様の組み合わせからできている。お顔の下の衣紋(衣服のひだ)表面にびっしりとこの文様が描かれる。そこに光が存在する。わずかな室内の光があれば、この文様の作用でお顔が輝いてくる。主役に自然と光をあてていく。実によくできた仕組だ。

自分をプロデュ-スするにはスポットライトをどうあてるかが重要だ。それを考えるヒントになる。光はわずかなものを増大させる方法で確保するのがよい。教師が自分自身にスポットをあてる瞬間が授業では大事だ。今までの話合いから課題解決へ向けて高める技を身につけたいものだ。教師にスポットが当たる瞬間だ。強い光にならなくても、お顔が輝く阿弥陀様といっしょでそれ自体に輝く工夫があればよい。日頃から生徒たちとの信頼関係を築く努力をするなど、教師の人間性に他ならない。

光をデザインするのと自分をデザインするのは似ているようだ。授業の重要な場面で、教師が出てくる。そして、新しい展開が授業をゆさぶる。発見と驚きがある。その期待が学習をおもしろくする。教師は発問をして、生徒にスポットライトをあてる。そうしながら自分が輝く時を待つ。生徒たちから光が発せられる瞬間をまつ。教師からの光を待つのでなく、自分から輝きだしたらしめたものだ。

時の人も光がなくなると忘れ去られるが、先生は生徒の記憶の中で輝き続ける存在だ。やはりプレゼン力の違いなのだろうか。先生の輝きは‥