校長室だより

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理人のブログです。

ブログ

きばっど   後の先(ほめるとは)          2019.10.17

きばっど   後の先(ほめるとは)          2019.10.17

「褒めて伸ばす」という言葉があります。「大人だって褒めてほしいのです。」と言う人を見ると、褒められているのに気づかないのか、工夫が必要だと思い当たります。しかし、上手に褒めると伸びるのであって、なんでも褒めればよいということではありません。褒めるためには相手を知ることから始まります。つまり、相手の心の動きを読まなければ、上手に褒めることはできないのです。

剣道では相手の心を読んで攻撃することを「先々の先」(せんせんのせん)とか、「先の先」(せんのせん)と云います。どちらも相手の行動、表情から細かく心の動きを読んで仕掛ける技のことです。(ネットから引用した概要です)

まず、「先」とは、相手の機先を制するという意味です。つまり、動作の起こりを打つという意味です。相手の動作をつぶさに見ている戦う剣道にふさわしい言葉です。具体的には、「先の先」は、こちらの機先を制しようとする相手の心の起こりを打つことです。(現象面では、こちらの出端を狙っている相手に攻め入り、相手が「打とう」と思う瞬間を打ちます。打とうあるいは、受け止めようとして剣先が上がった瞬間に小手を押さえたり、胴を抜いたりします。)

次の「先々の先」はさらに高度になりますが、相手の心の動きを逃さない攻め技です。「先々の先」は、こちらの心の動きを捉えようとした相手の心の起こりを打つということです。(現象面では、攻め合いの中で相手の目の色の変化をとらえ、技を繰り出します。いつでも飛び出せるようにしながら、間合いをとったり、剣先を抑えたりして、目の色が変わる瞬間、自分の技を捨て身で繰り出します)有段者になると面をかぶるに関係なく、相手の表情が分かるのです。

剣道の技にはないのですが、「褒める」には、「後の先」もあり得そうです。相手がほめてほしいと思う機先に応えるわけです。つまり、頼んだ仕事が終わった後に相手の心を読み、褒めてあげる。具体的には、成し遂げた仕事の何がよくて何が足りなかったのかを明確にし、よい点を褒めるのです。これだと相手の心を満足させる褒め方になると思います。「後の先」です。相手の心の動きや目の色の変化で気持ちを読んで褒めれば、褒めことばの技、「後の先」や「後々の先」を達成できるかもしれません。

褒めることも攻めることと同じくらい相手を知ることが大切です。その意味では「先」の教えは有効です。ただほめられるより、褒めてほしい時に、具体的に評価した上で褒めてもらうのが最高でしょう。生徒を活かす評価のできる教師とは、生徒の具体的な姿を認めて、伸ばすように褒められる教師です。日常から生徒の動きをしっかりと見て、褒めてほしいと思うタイミングをとらえておくことが大切です。近頃はやりの「ほめ検定」では「あなたの思いつく褒めことばを50個書き出しなさい」が問題です。さて、何個書けますか。言えますか。

きばっど        朝ドラと大河           2019.10.25

きばっど        朝ドラと大河           2019.10.25

NHKの朝ドラは歌謡曲と同じで、ある時代を思い出すのに都合がよい。今日のスタ-トを「もう朝ドラだ」の感覚でとらえている人も多い。平成から令和にかわる朝ドラは「なつぞら」であった。北海道開拓の1世、戦争孤児の「なつ」、テレビアニメの創世という素材を実にうまく料理して楽しませてくれた。

また、NHKも記念番組的な力の入れようで、朝ドラ主演の名優を多数出演させた。まるで1番から9番までイチロ-に打たせるような見せ場だらけのぜいたく三昧の時間だった。どこを見ても主役だらけの朝ドラだった。

戦災孤児の「なつ」は北海道に引き取られ、開拓一世の老人泰樹と会う。多くの人に愛されながら酪農一家で育つ「なつ」は、次第に、アニメに興味をもつようになる。酪農家になるはずで通う農業高校で、初めて演劇と出会う。それがきっかけとなり、創作する楽しさに目覚めた「なつ」は、アニメ-タ-を志す。「なつ」と同じように、戦争で生き別れた兄妹の自分の人生を切り拓く姿を描いていく。なかなか知り得ないテレビアニメ創世記の人間模様を取り上げ、北海道を開拓した人々との重ね合わせていく筋書きは実に見事だ。

北海道で酪農をやることの困難さはなかなか伝わるものではない。修学旅行で生徒がファ-ムスティした農家を訪ねてみて、生き物を飼う大変さをしみじみと思った。その上、冬の寒さのあるこの地で酪農をするのはまさに戦いである。開拓一世の老人が「金をもうけるのでなく、牛といっしょに生きる」「どこにもいかん。この土地に俺はしみこんでいる」と語る言葉は実に重い。北海道に行ってみると、その自然の雄大さと生きる人々の営みに深く感動してしまう。

テレビドラマを見る楽しみは、どんな俳優さんに人気が出るかである。そこには、時代の要請やいろいろな要素がからみ、主役でない脇役こそキ-マンとなるようだ。開拓者1世を演じた草刈さんは大河で真田昌幸を好演した。高畑さんとの夫婦役も絶妙だった。今回の朝ドラにも1世の友人同士の二人が貢献したことは言うまでもない。ここでも主役のわからないドラマだった。

一方「大河」の方だが、戦国や幕末に生き生きと動き回る人間を語る話は楽しい。時代は、主人公に会った人や知る人がいなくなるころがちょうどよい。そう考えると、明治、大正、昭和では、物語になりきらない。

今回の「いだてん」は、日本へのオリンピック誘致をどう実現したかという話だ。大河好きにはたまらない。個人的にはこれまでの中で一番のできだと思う。視聴率は気にしないで、「日本に来る」の意義を考えさせればよい。思えば、1964年のオリンピックもすばらしかった。今回もそれに負けず劣らず、すばらしいと期待は高まる。オリンピック招致に命をかける田畑を演じた阿部さんはすばらしかった。令和元年の「大河」としての役割を十分果たした最高の作品だと思う。

きばっど     記号化の意味するもの         2019.10.10

きばっど     記号化の意味するもの         2019.10.10

各学校は新しい教育のキ-ワ-ドへ進路をむけて大きく舵をきっていきます。国際バカロレア、スマ-ト社会対応、SSHなどがあたかも大航海時代にみんながめざした新大陸のようです。新大陸を発見した人々のその後をご存じの通り、上陸して何があったのか。歴史はくりかえすでしょうか。そう考えると、新大陸への上陸前にやらなくてはいけないことがあるような気がします。

その一として、多様性に寛容であることです。新大陸では当たり前の価値判断が通用しないを教えることが必要です。日本人のよさでも悪さでもある「黙っていてもわかる」、「世間にもうしわけない」という価値を理解しない人々がそこにいるのです。さらに「つまらないものですが」とことわり、価値あるものを渡したり、「ぜひお立ち寄りください」と言いながら、わざわざ立ち寄ることのない、忖度文化はどこにも存在しません。だから、相手の言動をそのまま受け止め、軽く口約束したことも実行されないと責任をとことん追及されます。新大陸へ上陸すればきっとこんな人々の出会いが起こります。まず、新しい多様性との折り合いをどうつけるかを学ばなくてはならないのです。

次に、非言語化、記号化への努力です。人間が認識する幾何学紋様は、○、△、□という実にシンプルな形でできています。社会の事象を認識する手立てとして実に有効です。紙媒体の発達で、曲線図形も実に美しく描かれ、その幅は広がっています。過去には、記録媒体として「石」的な素材も多く使われたことを考えると、いつの時代も文字よりも図形提示が効果的だったようです。言語でなく、直接、思考に働く情報提示が新大陸には多く存在しそうです。

現在では、SDGsも記号化され、目標としての共通化が世界中で図られています。この活用方法を参考に、今後は記号を伝達手段としてより重要視するべきだと思います。行動をイメ-ジしやすい記号がより多くの場面で取り上げられることでしょう。新しい授業では、思考ツ-ルを自己追究と相互練り上げで視覚化する手立てとして活用し、発信の過程で理解できる記号化に取り組むことが求められるでしょう。東京オリンピックでは世界共通となる記号化への取組が進められていると聞きます。共通化された目標と、それを実現する手立ての記号を、大きさや色で表現すれば、だれでも理解する達成率や行動パタ-ンの提示となるでしょう。具体例として、デジタル時計に出てくるマンフェィス(正式名称はわからないので)は「爽快、快、不快」を表しています。これで言語をこえてだれもが現状の把握ができます。これをもっと進めて、「2度節電すると、地球にやさしい行為をした世界○○番目の人になれました」という具合に記号をつくればよいのです。世界と自分のつながりを意識させることがこれからの時代には不可欠です。そして、どんな行動を起こすべきか、SDGs の美しい一覧表をぜひご覧ください。

きばっど          自ら学ぶ          2019.10.3

きばっど          自ら学ぶ          2019.10.3

バブリ-ダンスで一世を風靡した大阪の登美丘高校、その指導者アカネ先生がテレビに出ていた。さて、全国一にした秘密はなんだろう。「英才は自らを育てる」を育英館のウリにしようと考えているのに、なかなかその指導法を確立するまでに至らない。特に、「自ら学ぶ」は口でいうほど簡単ではない。

世界一受けたい授業のスタッフは実にうまく、先生の指導法を聞き出していた。ダンスの振り付けを生徒に教えて、「はい15分でものにして…」と時間を区切ってしまう。15分経過すると有無を言わさず、練習スタ-ト、当然できない生徒が続出。そこで、「はいだめ もう一度」である。できないことを一人一人にしっかりとわからせて、「はい、10分で仕上げて…」と放り出す。時間が区切られているから、できない生徒はできないところをメンバ-のだれかれかまわず、一斉に聞き、習う。真剣そのものだ。「はい、どうぞ」と、きっかり10分で練習再開である。できるまでやる。一回でもできたら終わり、「よくできたね」と褒める。褒めることが少ないが、それでも、生徒は実に意欲的に取り組む。本人曰く「9割ダメで、1割ホメです」と本人は言う。褒めて育てるは大切であるが、その割合はそこにいる生徒を見て決めるのだろう。

最初の15分の自己追究も真剣だが、相互に聞き合う時間は半端ない。自分でどこが足りないかを考えさせているから、自分の欠点がわかる。そこをできるようになるために何が必要かをわかるから、それを準備するのに真剣になる。準備できたらできるまで何度も繰り返す。生徒が自ら学ぶ方式が自然とできあがっている。単純だが、実に真理をつかんだ指導だ。

作品になりかかると、最後の仕上げは「面白く」である。アカネ先生が「面白くないなあ」とダメ出しする。突き放された生徒たちは考えに考え抜いて面白さを作り出す。否定しないでやらせて、最後にそこを先生は認める。褒める。生徒の発想を大事にしている。「生徒を一人の大人として扱う」の言葉は深い。作品が自分たちのものになれば、よくしようと自然と思いが働く。部員のほとんどが高校まではダンス未経験であるのに、自分たちのものになり、その思いで高まるから全国へ通用する作品へと仕上がっていく。

大多数のなれないチ-ムの指導者や生徒たちに足りない部分はどこなのか。やはり、「自分化」ではないだろうか。なりたい自分になるためにこれは必要だと求めてほしい。勉強を自分のものととらえられたら、「わからなければ聞く」の行動になる。自分のことと考えれば、聞かずにはおけない。

そして、自ら学ぶは自ら「さらに」学ぶとなり、その途中で人にも教えるとなる。チ-ムで作り上げる良さは、自分だけの高まりでなくまわりも高めるである。いっしょに高まると楽しくなる。「自ら学ぶ」はこんな楽しさの裏付けが必要だ。

きばっど    出藍の誉れ               2019.9.25

きばっど    出藍の誉れ               2019.9.25

このことわざは荀子の次の漢文から由来するものです。

「君子曰、學不可以已。青取之於藍、而青於藍、冰水爲之、而寒於水。」

訳は、「君子が言われた。学問は永久に継続して修めなければならないものだ。青い色は藍という草から取ってできたものだが、それはそのもとである藍よりもさらに青い。氷は水からできるが、水よりもさらに冷たい。」です。「青取之於藍、而青於藍」という部分は、門人が師よりも一歩進んだ修養ができていることをたとえたものです。作者である荀子は、終生学び続けることによってすぐれた人間を目指すことや、また自分勝手に学ぶのではなく信頼できる師のもとで学ぶことが重要だと説いています。だから、人間の生まれながらの本質を「悪」として、後天的に続ける努力、すなわち生涯学び続けることによって、「善」に向かい、すぐれた人間になることを勧めたのです。この漢文に由来することわざから派生した「出藍の誉れ」の意味は、もちろん「青は藍より出でて藍より青し」です。生まれたものが、そのもとのものよりすぐれていることから、「弟子がその師よりもすぐれていること」をいいます。師を超えるすぐれた弟子を称える時などに使われる言葉です。

まえおきが長くなりましたが、これこそが教育の完成形だと考えられます。優れた教師は生徒を自分よりも高められるのです。師をこえるためには、師のすべてを理解した上で、弟子は自分なりの工夫や努力をする必要があります。そして、師は弟子が自分をこえることを容認し、その成長をたたえることがポイントです。教育は可能性を伸ばす営みです。そのためには既存の枠組にとらわれず、自分をデザインしていける人間に成長させることを目指さなければなりません。新しい時代を切り拓く発展や進化が認められてこそ、教育です。

「スタ-ウォ-ズ」が好きなのは「師と弟子の物語」であることです。一人の師は一人の弟子しか教えないという厳しいジュダイの掟の存在、考えてみると、究極の小人数教育であり、これこそが本物の教育なのです。この教育には、知識だけでなく、生き方や人としてのあり方が付随されています。知恵のある悪魔を育ててはいけないことが基本にあるのです。戦いに出かける場面では「フォ-スとともにあらん」を必ず確かめ合います。勝負の勝ち負けよりも正しく生きることを確認し合っているように見えます。ライトセ-バ-でのチャンバラだけでなく、東洋の思想を作品が包含しているのでしょう。生涯学び続けることを説いた荀子がこの悪と善の戦いのドラマを見てどんな感想をもつでしょうか。登場人物はそれぞれのステ-ジで悩み、苦しみながらも師をこえて成長していきます。教師が、卒業生に会うと楽しいのは「こえられた」と感じる瞬間のせいかもしれません。まさに出藍の誉れの世界です。