校長室だより

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理人のブログです。

ブログ

きばっど       007が死んじゃった             R3.12.28

きばっど       007が死んじゃった             R3.12.28

映画好きの皆さんにこれを書いてよいものかと思いながら、映画の話題を綴りたい。世界的にファンの多い、007シリ-ズはボンド俳優を変えながらも続いてきた。今回の話は少し違う感じがした。007が二人いるという場面があり、「永久欠番かと思ったか?」というセリフまであった。よもやと悪い予感はしたが、あの不死身の主人公が悪の組織が作り出したナノ兵器を壊滅させるためにいっしょに消滅してしまった。なにせ、彼が立ち尽くす秘密基地の上にミサイルが降り注ぐ。このラストシ-ンにはびっくり。ある友人は信じられずに、3回見たそうである。映画ファンならわかる気がする衝撃である。

 もちろん、映画はアクションを含めては、このシリ-ズならではのお約束の秘密兵器の数々、そして、美女とのロマンスなどのてんこもりで、十分な見応えである。が、結末にあぜんとなり、エンドロ-ルの流れる中、悲しくて足早に帰ることになった。物語はいつか終わるとわかっていてもボンドには死なないでほしかった。前回、前々回からの悪の組織スペクタ-との戦いの中で、ボンドの立ち位置が少しずつ違ってきたのはわかっていた。スパイ映画の鉄則は非情になれない者には死、そのセオリ-がくずれたまま、彼が行き続けていることが不自然だった。今回の作品で総決算として彼の死を準備していたのだろう。

 愛する人ができ、子供もできた時、ボンドは生きることを許されることはなかった。この結末は予想された。新しい007は女性、しかもボンドに負けず劣らずの腕前、続編を考える設定はわかる。前の007は引退で終われないのですか?今回は一度引退した彼を呼びもどすところから、死の伏線である。悪の組織もハイテクになり、最先端の科学を駆使すると、監獄の中からリモ-トで誕生パ-ティに参加したりもできる、また、遺伝子研究に基づく兵器を開発すれば、ある共通遺伝子をもつ人だけを殺せるという設定、どれもがまんざらうそとも思えないから、科学の進歩の危うさやこわさを感じさせる話だ。

 ロケ地も本部のあるイギリス(ファンには見慣れたQの本部)に、ハネム-ンで訪れるイタリアのマテ-ラ、南米の町?ではスペクタ-のパ-ティが行われている…と世界各地という感じである。00ナンバ-をもつ男は同じナンバ-の女性と交代する。この流れにそういう時代だなあと感じた。話はネタバレしないようにこの程度として、ボンドの死が意味するものを考えてみた。まずはヒ-ロ-は男性という固定観念が通用しない。次に組織改編にヒ-ロ-不要である。この時代はヒ-ロ-も生きにくいようだ。

ソース画像を表示

本田翼似の彼女が娘を助手席にのせて、疾走する場面で終わる。娘はジェ-ムズと同じブル-瞳。次はこの子なのかな?と期待をつなぐ。死から逃れられないとすれば、自分の死と同等の価値と引き替えるのだろうか。「武士道とは死することなり」も等価交換のように思える。引き替えになるものと信じたら、躊躇なく交換するのかもしれない。今回の最後での選択はまさにそれである。立派に生きることは立派に死ぬことである。「ジェ-ムズはね、あなたのパパはね…」と語る彼女は、この生き方を肯定しているようだ。彼にしかできない死に方であるという理屈はわかるけど、ボンドには死なないでほしかった。ブル-の瞳に期待したい。

きばっど       初心に返るなら?         R3.12.25

きばっど       初心に返るなら?         R3.12.25

一年のまとめの時期になると、いろいろな場面を思い出しては、あれでよかったのかと反省してしまう。教師1年生に比べれば、経験値は上がっているだろう。しかし、一人の教師として、生徒を育てるという観点での判断としてどうだったのかとすっきりしない。一人の人間の人生に関わる仕事だから、答えがなかなか出せないこともすっきりしない原因の一つだと思い直している。

教師は熱量の仕事だと思う。さて、この熱を保つにはどうすればよいのだろう。熱の元になる教師になろうと思った始まりに返ることだ。そこで自分のスタ-トをどこにするかが問題になる。これを考える手がかりとして、「初任校は?」である。始まりにこだわるのは、ここでの3年間で教師人生が決定づけられるといっても過言ではないからだ。教師としての立ち方、位置が決まる。その人の出身地と言ってもよいだろう。たぶん、熱源もここにある。

 ある芸人が自分の原点として浅草をあげるように、教師にとってのそれは初任校なのかも知れない。そこでは、授業方法を習ったというより、人との接し方の基本を教えられたような気がする。近頃はやりの「一儲けならぬ人儲け」なのである。そこでは、教師人生を豊かにするための出会いが無数にあったはずだ。その中で、先輩にあこがれ、教師としてどうなりたい、どうありたいと若き日の自分がもがいたことを思い出す人も多いはずだ。

 いろいろな職場をまわると、自然と人間としての幅は広がる。「本気で掘らないと水脈に当たらない」のたとえどおり、場面によっては大変な思いをする学校も必要だ。勉強だ。そして、その課題から逃げないことである。ぎりぎりで向き合う時に、ある先輩は「命まではとられないから心配するな」とよく語ってくれた。進退に関わるつらい決定を告げる時は、「仕事だとわりきりなさい」と励まされた。「時が解決する場面もある」と教えられたこともよい思い出だ。

 働き方改革もよいが、本気で掘らないといけない時には、時間も何もあったものではない。仕事も人間的成長の一つになると思う。よき教師は心に火をつけるというが、自分が燃えないと火はつかない。火をつけようとすれば、よほど自分を燃やすか。相手を燃えやすくするかといろいろと考えてしまう。  

ソース画像を表示

退職校長の友人が同窓会で「先生の授業が好きで国語も好きになりました。」と当時の生徒に言われたと語り、「うれしいですよね。教師冥利につきる。」と満面の笑顔になる。初任校では「よき教師は火をつけた」を考えるゆとりもなかった。火をつけるのは、一人じゃ無理な気がする。やはり、仲間の教師との連携プレ-だった。仲間と協力して知らぬうちに生徒の心に火をつけた。それならだれかの手柄でも良いと思った。熱い思いがみんなにあれば、生徒も燃えるに決まっている。生徒指導で大変だった40年前の初任校の熱さが今でもなつかしい。

きばっど      給水所と踊り場          R3.12.16

きばっど      給水所と踊り場          R3.12.16

ある本に「人生の給水所は見えない、長い道のりの挑戦なら、給水所や踊り場で休むことも大事」という話があった。なるほどうまいたとえである。若いころ、こういう考えがあればもう少し違った人生もあったと思う。年々変わる生徒たちに変わらぬ思いで、授業をしながら、30年近く学校で過ごす教師生活。もちろん、社会人、家庭人としても己の為すべきことをきちんとできたはずなのだが‥‥。今更ながら後者はどうだったのかと反省してしまう。

学級担任になれば目の前に生きた生徒がいる。毎日変わるし、毎日いろいろなことを起こす。40人いたらその数だけのトラブルがあると思ってよい。子供は親のいないところで育つものだ。しかし、それを見守るのが先生である。この生徒にはこんな良い体験をさせたい、よい出会いがあるとよいのに…と考えながら、一日8~10時間、親よりもずっと濃い時間を共有する。この思い入れ、見守りに手を抜くわけにいかないから、ついつい24時間勤務になる。

給水所なんか目に入らない若いころ、暴走族だった。2年時の成績を整理して、当時出たばかりの表集計ソフト「マルチプラン」で個人カルテを作成した。家庭訪問にパソコンを持参して、個人名を入力して2年から3年中間テストまでの成績推移を提示する。それをもとに何種類かのグラフを画面上に表示して、見せる。さらに入試を想定して90点基準で換算し、内申の点数も加味して、合格ラインを示す。表集計ソフトの使い勝手も悪く、この資料づくりが大変で、本当に寝る間も惜しんでの作成だった。時間はかかったが、新しい情報提示に親は感心し、生徒もよく理解してくれた。あわせて「この1年間で君はどんな進路の夢を描くのかな」と語り、今までの成長過程を振り返らせた。考えてみると、もう一歩進んで、親にも未来への視点を提供して、将来の夢への応援や支援の話をするべきだった。性能の悪い表集計ソフトでいろいろと作成する時間に別のこともできたのだろうか?思えば、この時期は我が子の担任の名前すら思い出せない。たぶん、親戚にも不義理したようだ。まちがいなく、暴走して給水所を何カ所も通り過ぎたようだ。

ソース画像を表示

12月の面談では、この表とにらめっこして、昨年のボ-ダ-上を目がくるくるした。1月の模試でよかったら…とか、2月まで頑張らせて…とか、生徒と語りながら、合格大作戦に打ち込む毎日だった。階段の踊り場で休む発想があれば、その場の合格だけでなく、社会での活躍に向けてさらに先を見通そうする発想も出てきたのだろう。公私ともに余裕がなかった。若い私の背中には「後先考えず、暴走ご免」と書いてあったに違いない。せめて、これからは「ときには全力、たまには休憩」としよう。家族も、自分も大事にすると、今がよく見え、力の入れ具合も変わるはずだ。給水所や踊り場の感覚は、働き方改革のポイントだと思

きばっど        残すところ            R3.12.13

きばっど        残すところ            R3.12.13

今年も残すところ、後20日になります。コロナ時代を泳ぎ切り、2022の年を迎えられることを皆さんと心から喜びたいと思います。さて、学園スロ-ガン「やり抜く力」はどの程度達成されたのでしょうか。この力はやりとげることで身につくと生徒たちに話をしました。「校長の口ぐせ数えて秋がゆく」の青春俳句ではありませんが、口癖になるほど唱えてみると案外と本物になるのかも知れません。それにしてもお茶ラベルに掲載された「青春俳句」は「青春は行く(俳句)」と読めるほどキラキラしています。

コロナ時代は、新しい教育も試行錯誤され、リモ-トやズ-ムも身近なものになりました。面接もウェブとなり、ある意味、多くの人に機会が広がったような気がします。こんな現実を実現するディバイス(端末機器)の進歩には驚かされます。私たちの生活もずいぶん変わりました。人と人の接触を避ける必要から、無人レジをはじめとする新しい商業形態、「ウ-バ-イ-ト」まで、考えてもみないシチュエ-ション?にも慣れてきました。「対面で語る」ことが新しい価値になるとすれば、教師の仕事こそ、価値ある仕事の典型になりそうです。

 コロナがただの風邪になるには2~3年はかかりそうです。新しい生活様式に慣れても、今までと同じようにやることがあると知ることになるでしょう。今までのものはやり遂げて、新しいものを身につける努力を求められ時代です。アルコ-ルを飲むことは、「新しい関係をつくる、名乗り合うチャンスだ」とされた時代は過去になりそうです。たぶんに嗜好品的なものになると考えられます。これからの関係づくりには、アバタ-飲み会も出てくると考えます。参加者はセンサ-を装着し、よく似たアバタ-(勝手に盛り上げるキャラ)が飲み会に参加して、飲んだ量に比例して、アバタ-の顔が赤くなったり、行動がハイになったりするのです。どこからでも参加できるし、いつでも飲めるのですから、アバタ-・スタンダ-ドの時代になればこれはこれで面白そうです。 

ソース画像を表示

そのうち、昨年の話題作の「鬼滅の刃」がまた映画館にかかるでしょう。「心の鬼」とすぐ復活します。コロナのおかげで、寛容や許容という心の余裕がなくなり、責任転嫁や難癖非難に終始する時代になりました。そんな鬼の多い世の中にうんざりします。コロナにおびえている不安からなかなかいなくなりません。あちこちに隠れていて、事があればうじゃうじゃと出てきます。かねては優しい隣人なのに、すぐに異質、異形のものになってしまう世の中のようです。この時期の挨拶は「よいお年を」です。すべてがよくなることはないのですが、この言葉に祈りをこめて、せめて人を思う気持ちもつ、よい年としましょう。「もういくつ寝るとお正月」。特別な時間の流れがやってきます。正月のぬる湯にもひたり、英気を養いましょう。年は変わりますが、最後まで「やりぬく力」をお忘れなく。

きばっど        時間を削り出す          R3.12.5

きばっど        時間を削り出す          R3.12.5

時間について考えさせられた話です。箱根駅伝で有名な青学では、区間の記録を伸ばすために、時間を「削り出す」努力をするそうです。そして、自分の役目を果たしてタスキをつなぐ。時間というものは、「削り出してこそ活かせる」という哲学です。この「削り出す」に触発されて、似たような話を取り上げてみます。夏目漱石「夢十夜」からの抜粋です。

よくああ無造作に鑿を使って、思うような眉や鼻ができるものだな」と自分はあんまり感心したから独言のように言った。(中略)すると、さっきの若い男が、「なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋まっているのを、鑿と槌の力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはない」と云った。自分はこの時始めて彫刻とはそんなものかと思い出した。はたしてそうなら誰にでもできる事だと思い出した。それで急に自分も仁王が彫ってみたくなったから見物をやめてさっそく家へ帰った。

この話のキ-ワードは「眉や鼻が木の中に埋まっている」です。それを槌の力で掘り出すことができる名人運慶の話です。青学の時間を削り出す作業とこれはよく似ていると思います。見た目は、彫刻と駅伝なので共通点はないように感じますが、どちらもよく言われる神が降りてくる瞬間に違いありません。この「掘り出す、削り出す」は絵や彫刻だけでなく、音楽も含めたあらゆる創造的な活動に言えることです。駅伝を主体的に走ろうとすれば、タイムの中にある活かせる時間を削り出すことも可能になるのでしょう。

運慶はこういうものが彫りたいと思い、手を動かしたのではなく、そうせざるを得ないギリギリのところだったのです。結果としてそれが彫刻になった。駅伝ではタイムを縮めることになる。問題の核心は全てその人間の中にあるのです。だから、カウンセラーや教師は、その人間の気づきを助けることしかできません。その人間の中に埋もれている何かを外へ引き出すこと。それにつきるのです。もちろん、本人にも教師にもまだ見えていません。それでもそちらへ少しずつ移動していこうとする人間の力(努力)が必ずあるはずです。

ソース画像を表示

運慶の場合は、それが鑿を持つ自在な手であり、青学の場合は足なのです。自分たちに何があるのか。それを気づかせてくれる人が存在するのかどうか。いつの間にか時は過ぎていきます。歳月の流れは確かに早い。その怖さに打ち勝ちながら、それでも埋もれた何かと戦うことになるのでしょうか。こう考えると、極限ぎりぎりこそがこの「掘り出す」行為につながります。まさに、何秒かの削り出しも同じぎりぎりです。どちらも神と出会う瞬間を考えさせる本当にいい話です。「全力で取り組む極限」の話であり、ぎりぎりなのです。