校長室だより

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理人のブログです。

ブログ

新しい出会いを楽しみに           H29.4.11

きばっど育英館   新しい出会いを楽しみに           H29.4.11

「我逢人」という言葉がある。育英館に来て一年でいろいろな人に出会うことになったが、教育講演会で会った講師の宮下純一君は実にさわやかな若者だった。「自分の一番きらいなものが今の自分にとってかけがえのないものになっている」と水泳との出会いを語った。彼がオリンピックで水泳の金メダルを手にするには、実に多くの人との出会いがあったと語ったことも感動的だった。まさに出会いが人を変えるの典型である。

私たちはその出会いを活かすことを忘れてはならない。AIのめざましい発達により、多くの仕事が人間を必要としない時代がやってくると言われている。また、考えても見ないことが仕事になるとも言われている。好き嫌いでなく、できるかどうかだけで仕事となる時代になるのかもしれない。その意味では、好き嫌いを超えてチャレンジする気持ちを鍛えていきたい。宮下君のチャンスはチャレンジして、自分をチェンジする人にだけやってくるという話は実におもしろかった。

大河ドラマで真田昌幸に出会えたことも大きかった。「虚心」とは、何もかも忘れて取り組むである。これは今年の大河ドラマ「真田丸」で草刈政雄が演じた真田昌幸の言葉だ。中学校野球部、サッカ-部の試合でみた生徒たちは戦国時代の武士にも見える。決勝戦になると、「戦い」だ。真剣で斬り合う所はないのたが、雰囲気がすごい。応援している保護者も感じておられるだろう。あの瞬間はまさに何もかも忘れて…だと思う。若き日の真田昌幸を描いた小説に出てくるこの言葉が彼の生涯を決めたといっても過言ではない。初陣を不安に思う昌幸に、信玄の弟、信繁がとらわれない心を持てと「虚心」を語る場面が実に印象的だった。ちなみに、真田幸村は後世の名付で、本来は、父である昌幸が生涯、尊敬し、慕った御屋形様信玄の弟の名前と同じ「信繁」である。

最後に出会ったのは、朝ドラのべっぴんさんである。朝ドラのメッセ-ジ性の豊かさには驚くことが多い。今回は4つ葉のクロ-バ-に隠された言葉がキ-ワ-ドであった。「友情」「信頼」「勇気」「希望」の4つの言葉と4人の女性の人生がうまく組み合わされていく。平凡だが、非凡である。ある意味、「貫き極めろ」にも通じる話だった。「べっぴん」とは特別な品であり、相手のことを思い作り出されたものである。全編に愛があふれる素晴らしい朝ドラであった。最後に、亡くなった父母が現れ、娘たちの生き方を褒め、「きみたちふたりがべっぴんだ」といった場面にはさすがと感動した。世の中の人を幸せにする仕事を生涯通してよくがんばったと語った。

今年は教育講演会で「頼み事は試されごと」という前向きな生き方を語る中村文昭さんと出会うことになっている。今年も「我逢人」でいきたい。新しい年度が始まる。どんな人に出会うのか。楽しみである。自分も出会えてよかったという人になれるよう精進したいものだ。そして、平成29年に出会えた人のよさを見つけ。きばっどに書けることを目標としたい。

 

きばっど育英館    あの人は今                H28.12.27

テレビの番組ではないが、「あの人は今」というキ-ワ-ドで、年の暮れには一日過ごす日があってもよいのではないかと思う。今年もいろいろな人との出会いがあった。トラブルになったり、助けてもらったり、あの人は今どうしているのだろうか。本当にあれでよかったのかと思い返してみたい。とりわけ、トラブルが継続しているものは、一通りの線を引かないととんでもないことになる。また、沈静化しただけで火種が残っているのも要注意だ。消せなくても、温度は下げておきたい。

好転しているなら今がチャンス。その後を評価し、未来を語ると信頼の絆はぐっと深まる。有能なセ-ルスマンはトラブルがチャンスと苦情処理に力を注ぐものだ。笑顔で対応し、相手の信頼を築き、そして、あの人は今で、信頼を深める。これで、多少の無理がきくようになる。「あの人の言うことなら…」が、お客様の心をあけるカギとなる。苦笑処理といえるぐらいの余裕が出てくれば、たいしたものだ。

教師になると、教え子は年を経る度に増加する。覚えられないのが本当のところで、フルネ-ムで言えるのは、何分の1だろうか。「先生、元気」と声かけられると、「おや、ゆかりさん」と適当に名前を言う。「違いますよ。○○です」と言わせて、「下の名前は、きぬよさんだったよね」と返す。「違いますよ。▼▼です」と言わせて、「そうか、○○□か」とさりげなく返す。「だれですか。○○□は?」と会話を続け、「ごめんね。○○▼▼か、なつかしいね」と軟着陸させる。教師は自分のことだけは覚えていると教え子は思うものらしい。残念ながら、そこまで記憶力はよくない。

そして、同窓会の話題は「先生変わらないね」である。あいさつ言葉の典型だ。失礼な‥外見も随分変わっている。言われなくても変わっています。生徒の目から見ればそうなのかもしれないと慰める。次によく、「先生の言葉で今の自分がいます」と言ってくれると、おせじでもうれしい。それは間違いで、「あなたの努力が自分を変えたのだし、もっと言うとその場に応じて変わらないと人は生きていけないのだよ。」と言ってあげたい。しかし、言わないで「まだまだ甘いなあ」と先生は焼酎を飲む同窓会の季節でもある。教師にも生徒にも「あの人は今」の季節なのだ。

あの人は今の番組に負けない、40人、40通りの人生があるのに驚く。本当に当たり前の話だが、中学校制服のイメ-ジは残るものの、みんな変わっている。中学校時代の面影を探す。どこにどんな形になって存在するのだろうか。生きる核になっているのだろうか。人間の成長は本人のイメ-ジの拡大なのかもしれない。多様性による生き残りをかけたバリエ-ションの増加なのだろうか。同じものは一つとして存在しないが、人として生きるための想定内の変化なのだろう。

あの人は今、私たちも生徒にそう思われているはずだ。だからこそ、この仕事を大事にして、あの人は今でも教師として活躍していると評価されたら幸せだ。教師を続けるなら、生徒に与えたイメ-ジを守り続けたい。しかし、人が成長するとは変わることかもしれない。アイドルが昔と変わらず安心するのもよいが、こんなにも変わったかと生徒たちの成長に感動する「あの人は今」もあってよいだろう。

きばっど育英館    漫画の中の一言              H28.12.28

校内球技大会の開会式では、「スラムダンク」の安西先生の話をしました。この漫画の桜木花道という主人公は一途にバスケットの打ち込む若者です。お調子者で、お世辞にも理解力の高いという言葉は当てはまりません。そこで、先生はこの男に分かるように話をします。シュートを成功させる回数やディフェンスを抜いて、パスを出す回数などを示します。本人はまったくの素人ですから、失敗したり、達成するまでかなり時間はかかります。しかし、その挑戦の積み重ねがプレイヤーとしての一番大事な基礎体力づくりを兼ねているのです。安西先生のもくろみは見事的中し、花道君はすばらしい選手に成長していきます。

そして、我が強く、チ-ムでプレイができないこの男に、チ-ムでプレイすることの大切さも教えていきます。仲間との信頼があればパスがまわるし、シュートもできるのです。それぞれに役割があり、それをきちんと果たすことが信頼を得ることにつながることを身をもって体験していくわけです。もちろん、高校生活を描いていますから、恋あり、友情ありの漫画です。キャラクターも多種多様なので、きっと自分なりに「推しメン」にも会うことでしょう。人気の出るスポ-ツ漫画は、本人の技術力の高まりを描くとき、必ず、心の成長も描いている点に注目したいと思います。

鹿児島女子高の春バレ-出場の話を聞いたとき、その秘密は?と聞いてみました。それは、「拾って、あげて、考えて、」と今までの指導とは違う部分があるということでした。「拾って、あげて、アタックですよね」と確認してみると、練習ではいろいろな相手を想定し、対策を積み重ねてきた。本番で、どの攻撃パタ-ンで攻めていこうと瞬時に判断できなければ勝てない。練習ですべての対策は終わっている。そこで、「考えて」なのだそうだ。だから、監督はタイムをとらないという話のおちがある。

漫画では、練習場面は試合に比べると描かれることは少ない。このことを聞くと、練習場面にこそ、試合のすべてがあるようだ。考える「材料」が必要だ。

スラムダンクに話をもどすが、上達して天狗になりかかる花道に先生は実戦を経験させます。運動能力は同じでも、よく考え、動くことのできる相手に翻弄され、ボ-ルにも触れない経験をさせます。運動能力の高まりに調整力が必要です。身体バランスや空中姿勢の制御が、バスケットでは必要です。試合の中ではいやでも経験をします。自分の脚力がもたない。自分より相手が跳躍する。そんな厳しい試合の中、安西先生はいいます。「あきらめたらそこで試合終了ですよ」バスケットは格闘技によく似ています。ゴ-ル下でのあたりは半端ではありません。強いチ-ムがマン・ツ-・マンでディフェンスで迫ってくると、ゴ-ルがとても遠く感じます。しかし、後半で相手が押してきた時、こちらにも必ずチャンスはあります。先生の言葉はすべての試合に使える言葉です。冬休みはもう一度、読み返したいですね。自分を信じる強さも必要です。メンタルを強化することはどのスポ-ツにも共通するものなのです。最後に、安西先生は、育英館にもいそうな気がします。

きばっど 育英館    サンタクロ-スの居場所         H28.12.22

「サンタクロ-スは何歳まで、あなたの家にやってきましたか」という質問を大人にすると、笑いながら「小学校の高学年です」と答える人が多いものです。それまでは、実際に信じていたのに…。クリスマスのブレゼントが枕元にあるのだから、だれかがおいているのだと考えると、それがサンタさんなのです。どうして、親とわかるようになるのでしょうか。私は弟と寝ないで見張ろうとして、力尽きたことがありました。それでも、ちゃんとプレゼントは置いてあったのです。クリスマス前には何がもらえるのかとどきどきして、いつもになくお利口さんになるものでした。サンタさんにどうして情報が伝わるのかも心配で、「お利口さんだよね」と母親に評価してもらい、安心していました。プレゼントがない時はなかったと記憶しています。

中学校に行くころには、学級ではクリスマスのブレゼントが話題になり、変に大人びた友人から「それは親だ」と聞かされ、今までだまされたと思ったりもしました。しかし、分かってはいても、「サンタさんにはいてほしいなあ」と心の中で思う自分もいました。中学校の進路の時間には、将来なりたいものを書かされて、「ありません」と書く友人はこぞってサンタ否定論者でした。教育学部で心理学を勉強しながら、「発達課題」を学んでいるうちに、やっぱりサンタクロ-スがいることが大切だと思うようになりました。あるものの存在を理解し、信じることも成長の一つなのです。

とにかく、「サンタクロ-スの居場所をつくる」が人間として成長する過程で大切なのです。そこは、サンタクロ-スがいなくなってもあこがれや夢のすみかになります。自分の大切なものをとっておける心の空間なのです。想像力や人の優しさの思い出、あこがれた人を入れておける場所になります。サンタクロ-スがいると信じる気持ちが大切で、いるかいないかを疑う気持ちが優先するものではありません。世界中の大人がサンタクロ-スはいるのだよと子供に語れる日が来るとよいのになあとよく思います。子供によいものを与える、最高のプレゼントだと思います。

お互いが相手を思い、自分の大切なものを捨ててまで、贈り物をする「賢者の贈り物」という話から、クリスマスの贈り物は、お互いの善意だと気づく人も多いはずです。幼い時はそこまで分からないのですが、成長していくと必ず気づくのでしょう。そのためにも、サンタクロ-スが来る日が必要なのです。同じように「クリスマスキャロル」という話も考えさせられます。自分の生き方を振り返る機会を三人の幽霊とともに経験した血も涙もない高利貸しのクルーゾは、イギリスで一番クリスマスの楽しみ方を知る男に生まれ変わります。クリスマスだからこそ、この話は貴重です。無財の七施ではありませんが、お金のかからない微笑みをおくりたいものです。

「恋人がサンタクロ-ス」という歌もあります。「隣のお姉さんが教えてくれた」という歌い出しです。このサンタクロ-ス、ひげのかわりに微笑みがすてきなようです。今年はあなたも微笑みでだれかのサンタクロ-スになりましょう。世界中のみんながせめてこの日だけは、幸せでありますように。メリ-クリスマス

きばっど育英館     会者定離               H28.12.9

前任校の生徒が亡くなった話を聞いた。両親の悲しみはいかばかりかとつらい悲しい気持ちになった。その子と親しくしていた生徒会のメンバ-の悲しみも大きいと話を聞くと、人の世の無情をしみじみと感じる。ましてや、15歳の生徒たちをわざわざこんな悲しみにあわなくてもよいのに…とも思う。人の世では、生まれてきたものには、出会うことは別れが必ずあるという定めがある。分かれたくないので、会わなければよいという考えも成り立つが、生まれた者にはそれは許されない。一生を通して、限りなく出会い、限りなく別れを経験することになる。

親しい人を亡くしたとき、人はどうやって立ち直るのか。あの時から私の時間は止まったままと言う言い方をするが、人の時間は止まることはない。なくなった人の時間は確かにそこで止まっているようだ。考えてみると、人としての時間は止まったとしても、生物としての時間は動いている。おなかはすくし、トイレにも行きたくなるし、不謹慎だが、おいしいものはおいしい。残された者は自らが死ぬまで生きて行かなくてはならない。それが、生きているもののル-ルである。だから、生物としての私の時間はけっしてとまることはない。そうやってだれもが生きてきた。

なくなった人の分まで生きる、それでよいと思う。なくなった人の分まで生きることも本当はできない。しかし、そんな気持ちでがんばることはできる。そうしてあげれば、自分の中でいつまでも生き続けることは確かだ。人はそうやって悲しみを乗り越え、悲しみまでも自分と同化していく。亡くなった人を忘れたとき、本当の意味での死がおとずれる。だれかの心に生き続けている限り、生きているといえる。また、何かの機会に思い出してもらえると生き返るともいえる。忘却こそ、「死」である。

死んだ人は☆になると言う話は、遠くにいって会えないことと同じだ。「木琴」という詩を思い出す人は多いはずだ。教科書に死を取り扱う教材を載せることも大切なことを感じる。よりよく生きるためには、死を考えることも大切だ。遠くに行ってあえない人より、近くの写真にある人が生きている感じがする。すぐに思い出せるし、夢にもちょこちょこ出て来る。この頃は、死生観も変わった「千の風になって」ならあまり寂しくはない。喪失感をどう受け止めるのかは千人なら千通りだ。残酷な言い方をすれば好き嫌いに関わらず、人はどちらかになる。生き残り生き続けるか。それとも死ぬのか。生きることは出会いと別れの繰り返しである。出会いの数だけ成長し、別れの数だけ豊かになる。悲しみを知るものはいっそう優しくなれる。

現在は神様からのブレゼントだが、このプレゼントは苦しみや涙なくしては受け取れないこともある。それが生死に関わる時ならなおさらだ。身近な死に遭遇すると、人は自分を引き裂かれそうに苦しむ。若い死は残酷だが、それでも受け入れざるを得ない。死を身近に見ない今、その衝撃は計り知れないのも事実だ。

それでも、若い人よ、あなたに、「友はいつまでも心に生き続けるのだよ」と言いたい。そして、がまんせずに泣くだけ泣いたら、あなたの時計をしっかりと持ち直して、これからの時間を生きてほしい。