同窓会のお知らせ

同窓会長の声【平成30年10月の声】

2018-10-05

 秋涼の候,会員の皆様,如何お過ごしでしょうか?
 皆様もご承知のとおり,台風21号が関西に上陸し,大変な被害でありました。引き続き,北海道では震度7の地震で死者41人・負傷者675人・避難者1989人(9月10日現在南日本新聞発表)の人的被害がありました。会員の皆様と共に,早期復興を心からお祈りしたいと思います。
 さて,9月8日(土)に鹿児島城西高等学校グラウンドで体育祭が開催され,出席しました。当日は,前日からの雨で挙行出来るか心配でしたが,体育科の先生方を中心に,生徒会や諸先生方の判断により開催されました。当日も雨がいつ降るかわからない状況でしたが,昨年度実施の創立90周年記念体育祭を超える体育祭となりました。
 話は変わりますが,9月22日から九州高校野球鹿児島県大会が始まりました。シード校8校に選ばれず,1回戦からの戦いとなりました。組み合わせを見ると3回戦の鹿児島実業戦が一つの山と思われましたが,一昨日の鹿実戦で勝利し勢いつきました。次の鹿児島商業戦・神村戦に競り勝ち,決勝へと進むことを期待しています。一戦一戦平常心で戦えば,頂点が見えてくるでしょう。皆さんの応援をよろしくお願いいたします。

平成30年度同窓会(鳳凰会)総会について(ご案内)

2018-09-21

今年度の同窓会について,以下にお知らせいたします。多くの皆様のご参加を,心よりお待ちしております。

↓ 画像をクリック(またはタップ)で拡大します

平成30年度同窓会のご案内

平成30年度同窓会のご案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリントアウトされる方はこちら(平成30年度同窓会のご案内)からどうぞ

同窓会長の声【平成30年9月の声】

2018-09-04

 会員の皆様,毎日暑い日が続いていますが如何お過ごしでしょうか?
 8月26日の南日本新聞に次のような記事が掲載されていましたが,お読みになりましたか?

“昨今,県内の高校生による「地域振興の取り組み」が盛んです。高校生のフレッシュな感情で地域の魅力や課題が見えてきます。「若い力が世の中をかえる」をコンセプトに,高校生の活動について聞きました。「地域のために活動していること,教えてください。」”

 このアンケートに73高等学校の回答があったと掲載されていました。本校及び同じ系列の鹿児島育英館が共に掲載されていました。鹿児島城西高等学校は,①GEIBUNイベントの出演 ②普通科芸術文化コース1~3年65名 ③日置市の夏祭り,豊年祭り,敬老会などに出演,歌やダンスの披露,と記載されていました。

 このような新聞掲載は,卒業生として特に目につきます。今後も是非新聞に投稿してほしいものです。

同窓会長の声【平成30年8月の声】

2018-08-03

 毎日暑い日が続いていますが,会員の皆様は如何お過ごしでしょうか?
 西日本を中心とした豪雨は凄いものがありました。北海道から九州まで31都道府県に影響し,その被害の約7割が岡山・広島・愛媛の3県に集中していました。豪雨で亡くなられた方々に,会員の皆様と共に哀悼の意を捧げたいと思います。
 第100回全国高校野球鹿児島県大会において,鹿児島城西は1対4で鹿児島実業高校に敗れました。内容的にはヒット数が鹿実9本,鹿城西8本とそう変わらなかったのですが3つの併殺が痛かった。ここでタイムリーが出たら流れが変わったと思います。「フルスイングで振り切って本塁打か三振か,との指導の下で意識を高めた打線の得点力は向上した」と新聞には掲載されてあったようですが,状況を見ての打撃も必要と感じました。20人の内1・2年生が過半数を占めている若いチームなので,新人戦が楽しみです。来年こそは夢の舞台へ行けることを期待しています。
 ところで,鹿城西卒業生でシドニー五輪100m・4×100mリレー出場の川畑伸吾さんが,7月28日付け南日本新聞の「オリンピックの追想」鹿児島県高体連50年④に掲載されていました。現在は千葉商科大勤務と紹介されていました。ぜひ関東同窓会に出席して元気な姿を見せていただき,当時の思いをお話していただければと思うところです。

同窓会長の声【平成30年7月の声】

2018-07-10

 会員の皆さんお元気ですか?
 サッカーのワールドカップロシア大会で日本はベスト16に入り,七月三日夜中の3時からベルギー戦がキックオフしました。後半2点を先行し,ベスト8間違いなしと思いながら声援を送っていました。その後,相手の巻き返しで3点取られ,日本のワールドカップは終わりました。しかし大迫選手の頑張りは凄いものでした。「大迫,半端ないって」の代名詞とともに,時の人となりました。出身の南さつま市,そして鹿児島城西高等学校の名を,全国に轟かせてくれました。会員の皆様,応援して頂いた方々と共に,大迫選手にご苦労さんと,心からありがとうと申し上げたいと思います。
 また,第百回全国高校野球選手権鹿児島県大会が七日から始まります。新聞紙上を見ますと鹿児島城西高校の話題は少しも掲載されていませんが,監督も変わり,入れ替わったメンバーがどれだけ安定したプレイが出来るか楽しみです。平常心で一戦一戦を大事に戦い,上位を目指していただきたいです。三回戦の鹿児島実業に勝ち,勢いをつけてほしいものです。
 その他の卒業生では,陸上競技の大六野選手が日本選手権男子1万メートルで初優勝に輝きました。テレビや新聞で,そのレース運びや圧巻の強さを見せてくれました。今後はマラソンを視野に入れて努力し,8月には初マラソンに挑戦するとのことです。東京五輪や世界陸上を見据えて,大六野選手への期待も大きいです。
 会員の皆さん,鹿児島城西高校卒業生が世界で頑張っています。同窓会に参加し,みんなで話してみませんか?

同窓会長の声【平成30年6月の声】

2018-06-05

 会員の皆様,如何お過ごしでしょうか?
 6月14日に開幕するサッカーのワールドカップロシア大会に,本校出身の大迫勇也選手が最終選考23人の日本代表として選出され,活躍が期待されます。今度こそ初ゴールをと,卒業生・在校生も期待しています。
 一方,本校の野球部は,第60回NHK旗争奪鹿児島県大会に出場出来ず残念でなりません。春の大会で鹿屋高校に敗れ,出場出来ませんでした。夏の大会では,最低でもベスト4以上をと期待しております。1年生大会では準優勝したので,甲子園目指して頑張ってほしいものです。同窓会関西支部は,甲子園出場を今か今かと待っています。
 2018年度鹿児島県高校総合体育大会では,卓球が優勝,サッカーが準優勝,男子バレーボールが3位と素晴らしい成績を収めています。新聞報道等に,活躍が掲載されています。是非,会員の皆様には活躍を確認いただき,選手の皆様にエールをお願いします。

同窓会長の声【平成30年5月の声】

2018-05-07

 初夏の候,会員の皆様如何お過ごしでしょうか?
 平成30年4月8日(日),学校法人日章学園 鹿児島城西高等学校入学式が挙行され,出席いたしました。本年度は446名の入学があり,秋武達朗校長先生から「感動の多い充実した学校生活を」と題し,「皆さんが活躍するこれからの時代はこれまでの終身雇用や年功序列ではなく,また学歴よりも能力や資格,実力を重視する企業が増えている」ことや,「このような時代の要請に応え,常に進化し続ける学校として『道義に徹し,実利を図り,勤労を愛す』という建学の精神のもと,商業科をビジネス情報科とするなどの新たな取り組みを通して,即戦力としての特技の育成と,各種資格の取得等に力を入れている」こと等を話され,入学生たちは真剣に話を聞いておりました。
 今後益々のご発展をお祈りいたします。

同窓会長の声【平成30年4月の声】

2018-04-09

 陽春の候,会員の皆様,如何お過ごしでしょうか?
 平成30年3月23日(金)に,宮崎の日章学園会館二階会議室におきまして,学校法人日章学園評議員会が開催され,出席いたしました。理事長先生の挨拶の後,理事長先生を議長に選任し協議に入りました。第一号議案 平成29年度補正予算(案),第二号議案 平成30年度事業計画(案),第三号議案 平成30年度収支予算(案)他4議案,報告事項,平成30年度人事,管理職の異動,平成30年度学園年間計画(案)他6報告事項が提案され,それぞれ可決,承認されました。昨年に引き続き日章学園は,経営の安定が続いていると思料いたしました。

同窓会長の声【平成30年3月の声】

2018-03-08

 早春の候,会員の皆様如何お過ごしですか。
 2月28日(水)に鹿児島城西高等学校第90期生同窓会入会式を開催し,出席いたしました。同窓会長のあいさつに続き,秋武校長からの式辞,そして仁木先生から同窓会の活動状況報告がなされました。その後,今回入会された方々の学級世話役,職員世話役,関東・関西・全体の世話役の紹介がありました。世話役の皆さんにはステージに登壇していただき,記念品の贈呈を行い同窓会出席を誓いました。今年の入会者は380名で,関東・関西の同窓会や本部同窓会を開催する旨などを伝えて,入会式を終了いたしました。
 また,3月1日(木)に平成29年度第66回卒業式並びに第15階福祉共生専攻科卒業式が行われ,こちらにも参加しました。校長式辞,理事長告辞,来賓の県知事等の祝辞が述べられ,素晴らしい卒業式が開催されました。最後は,本学園系列専門学校卒業生の中孝介さんのライブで終了しました。

同窓会長の声【平成30年2月の声】

2018-02-04

 晩冬の候,会員の皆さん如何お過ごしでしょうか?
 今年は,寒さが一段と厳しいようです。寒さに負けず頑張りましょう。
 高校野球を愛する者として,母校の甲子園出場を心待ちしている一人です。鹿児島城西高等学校公式ホームページによれば,2018年1月1日付けでダイエーホークス,西武ライオンズ等で活躍した佐々木誠氏が監督に就任することが発表され,また,南日本新聞にも掲載されました。元プロ野球選手が高校野球の監督を務めるのは,鹿児島県では三人目と聞いております。プロ野球の場合は素晴らしい選手をそろえての指導でありますが,高校野球の指導は大変と思います。頑張って鹿児島城西高校野球部の指導,また鹿児島県高校野球発展のために頑張ってほしいものです。今年の夏の大会を楽しみにしています。

« Older Entries
Copyright© 鹿児島城西高等学校|ヘアーデザイン科|トータルエステティック科|普通科|社会福祉科|ホテル観光科|調理科|ファッションデザイン科|商業科 All Rights Reserved.