キャリア養成学科 聴覚・視覚障がい者の皆さんとの交流会

キャリア養成学科 聴覚・視覚障がい者の皆さんとの交流会

キャリア養成学科では『手話』の授業があり、

1年生では、

指文字や簡単な会話ができるように頑張っています。

授業で学んだことを実践して、

聴覚に障がいがある皆さんと交流することを目標に、

10~11月に1年生が3班に分かれて、

盲ろういぶき作業所で交流会を行いました。

いぶき作業所は、

聴覚や視覚、聴覚と視覚の両方、

身体などに障がいがある皆さんが、

野菜の袋詰め等の作業に

取り組んでおられる場所です。

昨年から始まった交流会で、

作業所の皆さんも楽しみにしてくださっていました。

学生は初めての体験で最初は緊張していましたが、

笑顔で優しく迎えてくださった利用者の皆さんと、

楽しく充実した時間を共に過ごすことができました。

聴覚と視覚の両方に障がいのある方とは、

指文字を手で読み取っていただく触手話を用いたり、

手のひらに指で文字を書いたりなど、

さまざまな方法でコミュニケーションをとりました。

また、一緒に作業を行う中で作業所の皆さんが

私たちが伝えようとする言葉を

優しく受け止めてくださって、

思いが伝わることの喜びを感じました。

接客の仕事を目指す学生として、

手話は

身につけたい大切な言語の一つだと実感しました。

この機会を与えてくださった、手話講師の畑先生、

受け入れてくださったいぶき作業所の皆さん、

ありがとうございました。

099-239-2603

受付時間:月〜金 8:30〜17:00